小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
10/01/28 今日の市況 オバマ米大統領一般教書演説
2010-01-28 Thu 15:35


■東証一部騰落レシオ
値上がり銘柄数 : 1094
値下がり銘柄数 : 451
変わらず     : 136
騰落レシオ    : 97.91%

■市況
日経平均      : 10,414.29 +162.21
日経225先物期近 : 10,420 +150
日経300       : 186.21 +1.32
東証2部指数    : 2,096.98 +3.90
大型指数      : 925.35 +5.24
中型指数      : 968.19 +10.24
小型指数      : 1,336.07 +10.22
TOPIX        : 914.32 +6.65
日経JQ平均    : 1,212.61 +1.20
JQ指数       : 51.14 +0.95
Jストック      : 1,084.30 +29.89
マザーズ指数   : 415.26 -1.50
ヘラクレス指数   : 577.01 +3.57
NYダウ        : 10,236.16 +41.87
NASDAQ       : 2,221.41 +17.68
ドル/円        : 90.15

■寄り付き前外資系動向(万株)
 売り   : 2,560
 買い   : 2,410
 差し引き : -150





前日ニューヨークダウが上昇しました。一時的な上げか、それとも上昇転換か。見極めが難しいところです。

オバマ米大統領一般教書演説に先立ってホワイトハウスが事前に公表した内容が安心感を誘い善波から株価が上昇したようです。その後オバマ米大統領一般教書演説のなかにはウォール街への挑発的な発言はなかったようです。その点が市場に好感されたのでしょうか。

オバマ米大統領一般教書演説 (ひまわり証券より)

一部政府プログラムの歳出の3年間凍結を提案
来年に200億ドルの予算節減を見込む
石油会社・運用会社などを対象とした減税は継続しない
医療保険改革は、すべての国民を保険業界の悪しき慣行から守る
医療保険改革は、家族や企業のコストと保険料を削減する
医療保険改革は、向こう20年にわたり1兆ドルの赤字削減につながる
包括的なエネルギー・温暖化対策法案の可決を議会に求める
景気対策法により、今年150万の雇用を創出へ
雇用拡大は2010年の最優先事項とすべき、新たな雇用対策法の実現求める
政権は発足後1年間に政治的な後退を経験したが、政策課題に向け戦い続ける
中小企業向け融資支援に300億ドルのTARP(不良資産救済プログラム)資金活用を提案
今後5年で輸出を2倍にすることを目指す
ドーハラウンドの合意達成、アジアとの通商関係強化を促進
韓国・コロンビア・パナマとの貿易関係を強化したい
中間層向け減税措置の延長目指す
財政赤字削減に向けた委員会設置の大統領令を発布する
中小企業向けキャピタルゲイン税廃止を求める
企業の設備投資への税制優遇策を求める
銀行を罰するつもりはない、米経済を守りたい
「真の改革」が盛り込まれない金融改革法案が可決されたら、議会に差し戻す





┏―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┐
┃ ★お役に立てましたらクリックしてくださると幸いです  ┃
┗―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┘
スポンサーサイト
別窓 | [投資] 今日の一言 | コメント:0 |
| 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。