小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
10/11/30 NYダウ+NASDAQ関連チャート
2010-11-30 Tue 18:25
ダウ工業株30種平均とNASDAQのチャートを更新しました。

日経平均やTopixは弱いのに海外の株式は上昇し、最近は調整気味です。その調整に押されて東京市場は弱いままでしょうか。今日は東京市場も後場から下落しました。

もしくは海外株式市場から東京市場に乗換えで出遅れが解消されるとよいですね。

新にフィラデルフィア半導体指数(SOX)を追加しました。




ダウ工業株30種平均、5日平均足、25日平均足で見ると75日移動平均線から乖離し始めています。一時的な調整あると思います。下落が無いとすれば鯨幕相場(上がったり下落したりの繰り返し)のようになるでしょう。

東京市場は出遅れですので、こういうところで世界の株価が調整しだすと残念ですが、調整したマネーが東京市場に流れてくる可能性というのは排除できません。

■ダウ工業株30種平均ローソク足(5日平均足)(10年11月30日)
ダウ工業株30種平均ローソク足(5日平均足)(10年11月30日)

■ダウ工業株30種平均ローソク足(5日平均足)(08年~)(10年11月30日)
ダウ工業株30種平均ローソク足(5日平均足)(08年~)(10年11月30日)


■ダウ工業株30種平均ローソク足(25日平均足)(10年11月30日)
ダウ工業株30種平均ローソク足(25日平均足)(10年11月30日)

こんな感じになるのかな?と予想しています。

101130_001.gif






2003年から2007年を見ても75日移動平均線との乖離は5%以下である事が多いです。乖離しすぎた時は調整機関に入ります。


■ダウ工業株30種平均+移動平均線乖離率チャート(10年)(10年11月30日)
ダウ工業株30種平均+移動平均線乖離率チャート(10年)(10年11月30日)


■ダウ工業株30種平均+前日比平均(10年11月30日)
ダウ工業株30種平均+前日比平均(10年11月30日)





騰落レシオを見ると過熱感という感じではなさそう

■ダウ工業株30種平均+騰落レシオ(10年11月30日)
ダウ工業株30種平均+騰落レシオ(10年11月30日)





最近は利回りが上昇してきているようです。過去のパターンから見ると、利回りが上昇してくると株価も一定期間足踏み状態または下落基調になりますが、さらに利回りが上昇すると株価が上昇に繋がっているようです。現在は利回りが上昇しだしたところです。今後も注目です。

■ダウ工業株30種平均+米国債2-10年債利回り差チャート(10年11月30日)
ダウ工業株30種平均+米国債2-10年債利回り差チャート(10年11月30日)


■ダウ工業株30種平均+米国債利回りチャート(10年)(10年11月30日)
ダウ工業株30種平均+米国債利回りチャート(10年)(10年11月30日)





こちらはまだ動きなし。

■ダウ工業株30種平均+FFレートチャート(10年11月30日)
ダウ工業株30種平均+FFレートチャート(10年11月30日)






最近は落ち着いています


■ダウ工業株30種平均+VIX指数(恐怖指数)(12年)チャート(10年11月30日)
ダウ工業株30種平均+VIX指数(恐怖指数)(12年)チャート(10年11月30日)




歴史は繰り返す。意外と連動しています。

■ダウ工業株30種平均+ダウ工業株30種平均(過去)(10年11月30日)
ダウ工業株30種平均+ダウ工業株30種平均(過去)(10年11月30日)






最近はフィラデルフィア KBW銀行株指数が心配です。上がる気配が無い。5月のギリシャショック以来下落してきて200日移動平均を下回り、何か下に行きそうな予感もします。フィラデルフィア KBW銀行株指数が上昇していないのに株価だけが上がっていくというのはあまり考えられないのでしばらく調整でしょうか。フィラデルフィア KBW銀行株指数が急に上向いてくると逆に株価にとてもプラスになります。この指数も日々注視しています。

■ダウ工業株30種平均+フィラデルフィア KBW銀行株指数(8年)チャート(10年11月30日)
ダウ工業株30種平均+フィラデルフィア KBW銀行株指数(8年)チャート(10年11月30日)















これは当たらしチャートです。フィラデルフィア半導体指数(SOX)とNASDAQチャートをあわせて作りました。かなり連動しています。2007年10月当たりに下落に転じていますが、これを見ていればきっと今後もバブルが始める前に信号を発してくれるでしょう。

中国とインドは成長し続けています。フィラデルフィア半導体指数(SOX)はまだ上昇して行くと思います。ダウよりNASDAQが強いという傾向は今後も続くかなと予想しています。

■NASDAQ&フィラデルフィア半導体指数(SOX)(8年)チャート(10年11月30日)
NASDAQ&フィラデルフィア半導体指数(SOX)(8年)チャート(10年11月30日)



■NASDAQ+前日比平均(10年11月30日)
NASDAQ+前日比平均(10年11月30日)





スポンサーサイト
別窓 | [投資] チャート関連 | コメント:3 |
| 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。