小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
(固定)
2037-01-01 Thu 01:00
┏―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┐
┃  ★お役に立てましたら1日1回クリックしてくださると幸いです      ┃
┃                                   ┃
┗―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┘

★はじめに

小額から資産運用を始めました。まだ駆け出しの『名もなき投資家』です。

人生には何度か体に電気が走るというような衝撃的な経験があるものです。その衝撃的な経験、それが私が投資を始めるようになったきっかけです。

1990年にバブルが崩壊し日本経済は凋落の一途を辿りました。そして2003年に経済が底を打ってから回復し始め、日本では多くのIT長者などが誕生しました。報道では、彼らの一部の成金は「金があればなんでもできる」と言わんばかりに高級車を乗り回し、超高級マンションに住み、毎日がパーティーのように豪華な食事をしていました。

一方では小泉政権の元、派遣労働が合法化され(それまで一部を除いて違法でした)、派遣労働者や契約社員が増え、一般人の給料は減る一方で格差が拡大したと報道されていました。日本の成金が自分のためにしかお金を使わないというような姿でしたから、私の中で金持ちに対するイメージはけして良いものではありませんでした。ライブドア事件や村上ファンドの事件などを見ていて日本の金持ちには胡散臭い感じがしていました。

この頃から「金持ち父さん」シリーズなどを読み始め、投資や株式への興味はありました。

そして、私の中で2006年衝撃的な出来事が起きました。ウォーレン・バフェットという世界最大の投資家と呼ばれる人が資産の85%を寄付すると宣言したのです。規模にして何兆円という額です。額の大きさやあまりの気前の良さに驚きましたが、よく調べてみると彼は非常に倹約家で、いつもヨレヨレのシャツを着て、20代の時に買った約3万ドルの家に今でも住み、好物はハンバーガーとチェリーコークなどのジャンクフードというではありませんか。質素な生活ぶりでありながらも、世界最大級の資産を持つというこの投資家に出会った事は、私にとっては体に電気が走るような衝撃的な体験でした。(その後ウォーレン・バフェットは世界中の資産家に呼びかけギビング・プレッジという50兆円規模の慈善基金も設立しました。)

この瞬間、金持ちに対するイメージがかわり、自分もこうなりたいと強く思うようになりました。そして私もいつか資産の99%を寄付し慈善基金を設立しようと思うようになりました。これが投資を始めたきっかけです。

投資を始めた当初は右も左も何もわからないところから始めました。周りには誰も教えてくれる人はおらず、初めのころは勉強もせず適当に始めたので資産を何分の1にも減らしました。そこで何度も精神的ダメージを受け(笑)非常に後悔し、これではいけないと独学で勉強を始めました。

「政治学」「経済学」「心理学」「会計・財務」「法律」「歴史」など投資に関係ありそうなものを片っ端から勉強して行きました。投資に関する本だけでも200~300冊ほど書籍を読んでさまざまな投資法を研究しました。

最初はテクニカルの勉強をしてみたりエクセルをいじってデータをやりくりしてみたり、独自の手法をいくつも考えだしやっていましたが、たくさんの失敗もしました。そして、最終的にはウォーレン・バフェットベンジャミン・グレアム、(ウィリアム オニール、フィリップ・A. フィッシャーほか)に学び、ファンダメンタル(95%)とテクニカル(5%くらい)を駆使しながら、バリュー株式投資(+成長株式)で、中期・長期の運用をするところに行き着きました。現在は毎年30%以上の複利運用を目標に活動しています。

ギャンブルは好きではないので投機は行いません。デイトレード、短期トレードは投機だと思っているので基本的に行いません。資産運用の値上がり益、配当は消費せず、再投資し複利で運用しています。ウォーレンバフェットのような賢明なる投資家を目指しています。将来は資産を寄付してビル・ゲイツのように慈善基金を作るのが夢です。

以上。



★『15歳からの株式投資 目次』yajirushi.gif

★複利運用とは?
fukuri.gif
 あのアインシュタインも驚いたという複利の驚異的威力について簡単に説明しています
推定資産

★将来の大震災に備えて~防災グッズ~yajirushi.gif

★ツイッター
 いろいろつぶやいています
 よい銘柄を見つけたとき、よい情報が入ったときにリアルタイムでつぶやくことがあります

★ツイッターブログ(twilog)
 ツイッターの書き込みをブログ形式にしたものです

★自作チャート Webに全種類掲載しています すべて手作業で数字を打ち込んで作っています
 ■日経平均株価(1949年5月~1969年12月)
 ■日経平均株価(1970年1月~1989年12月)
 ■日経平均株価(1985年1月~2010年2月)
 ■日経平均株価(1949年5月~2010年2月)
 ■日経平均株価(1984年1月4日~2009年02月20日)
 ■日経平均ローソク足
 ■日経平均ローソク足5日終値平均
 ■日経平均+ドル円(3年)
 ■日経平均+ドル円(10年)
 ■日経平均株価+日経平均株価(ドル・ユーロ換算)(3年)
 ■日経平均株価+日経平均株価(ドル・ユーロ換算)(8年)
 ■日経平均株価+日経平均株価(ドル・ユーロ換算)+ユーロ円
 ■日経平均株価+日経平均株価(ドル・ユーロ換算)+ドル円
 ■日経平均&売買代金
 ■日経平均&移動平均線乖離率
 ■日経平均&3市場信用取引残高
 ■日経平均&信用評価損益率
 ■日経平均&信用倍率
 ■日経平均&日経JASDAQ平均
 ■日経平均&NT倍率
 ■日経平均&TOPIX
 ■日経平均&騰落レシオ
 ■日経平均&寄り付き前外資系動向
 ■日経平均+寄り付き前外資系動向ライン版
 ■日経平均&投資主体別売買動向
 ■日経平均&投資主体別売買動向(外国人VS個人)
 ■日経平均&新高値・新安値
 ■日経平均&前日比
 ■日経平均+日本国債利回り+無担保コール翌日物チャート(4年)
 ■日経平均+日本国債利回り+無担保コール翌日物チャート(10年)
 ■日経平均+日本国債利回りチャート
 ■日経JASDAQ平均&NNJ倍率
 ■日経平均株価+日経225先物手口(北米系・中東系)
 ■日経平均株価+日経225先物手口(欧州系)
 ■日経平均株価+日経225先物手口(国内系)
 ■裁定取引に係る現物株式の売買&日経平均
 ■ダウ工業株30種平均ローソク足
 ■ダウ工業株30種平均&VIX指数(恐怖指数)(4年)
 ■ダウ工業株30種平均+VIX指数(恐怖指数)(12年)
 ■ダウ工業株30種平均&移動平均線乖離率(3年)
 ■ダウ工業株30種平均&移動平均線乖離率(10年)
 ■ダウ工業株30種平均&前日比平均
 ■ダウ工業株30種平均&騰落レシオ
 ■ダウ工業株30種平均&日経平均
 ■ダウ工業株30種平均+フィラデルフィア KBW銀行株指数
 ■ダウ工業株30種平均&ダウ工業株30種平均(過去)
 ■ダウ工業株30種平均&米国債利回り
 ■ダウ工業株30種平均&FFレート
 ■ダウ工業株30種平均+米国債2-10年債利回り差
 ■ダウ工業株30種平均&NASDAQ
 ■NASDAQ&前日比平均
 など

★おすすめ投資本 (オンライン本棚
私が実際に読んで役に立った投資関連本をご紹介しています。
バリュー株式投資をはじめたい人には特におすすめです

★投資に役立つ情報
 他サイトのリアルタイムチャート、開示情報、実況中継(ラジオ・オンデマンドテレビ)、売買動向、ニュースサイト、騰落レシオサイト、信用取引情報サイト、決算サイト、テクニカル分析、その他情報サイト、メルマガ、オンデマンド放送 ほか

★今日の世界の株式市場チャート

★世界の株式市場複合チャート

★全記事一覧


┏―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┐
┃  ★お役に立てましたら1日1回クリックしてくださると幸いです      ┃
┃                                   ┃
┗―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┘
スポンサーサイト
別窓 | はじめに | コメント:18 |
| 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。