小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
一言 09/11/17 ダウ先物と日経平均って
2009-11-17 Tue 20:15
東証一部
値上がり銘柄数 361
値下がり銘柄数 1262
変わらず 64
騰落レシオ 72.42%





日経平均やTopixが下げるのに、日経225先物が影響しているのは事実だと思いますが、もうひとつダウ先物も東京市場に非常に影響力があるとおもいます。

東京市場が開いているときにダウの先物を見ているのですが、不思議なことに、東京市場が開いている間は下落を続け、東京市場が終わって、ヨーロッパ市場が開く寸前に急上昇というパターンが最近はよく見られます。

ダウ先物 日経平均 091117


このような現象が最近はよく続いていて、日本市場はダウ先物にも非常に影響を受けているように思います。(日経平均の下落に影響してダウ先物が下げているという可能性もありますが)

なぜ世界の株式市場が上昇しているのに日本株だけが出遅れているのでしょうか。


1;日本市場から引き上げた資金が新興市場などの株式市場に流れている
2:機関投資家が投資機会を失わないために、日本株を予備に取っておいて
  アメリカ市場や新興市場で利益を上げている間は日本市場を下げておいて、
  アメリカ市場や新興市場から資金を引き上げてから東京市場に
  資金を流入しようと考えている
3:そもそも民主党政権にまったく期待が持てなく日本株に魅力がない

2番目の場合、サブプライム問題が顕在化してきてから、株式市場から商品市場に資金が流れ原油価格が高騰したように、世界の株式市場ががいったん大きく上昇した後に日本市場に資金が流れ込むということは考えられないでしょうか。そうだと非常にうれしいのですが(笑)

でも私のよそうだと、欧州、ニューヨークが下がれば、日本株は9000円割れくらいまで下がるような気もします。世界の株式が下がっている間に日本株だけががるって言うのは異常ですから(笑)

私は素人投資家ですからもう何がなんだかさっぱりわかりません。売りはしないので、現金ポジションが一番安全なのかもしれません。



■業種別チャート 091117
業種別チャート 091117


★お役に立てましたらお願いいたします★

別窓 | [投資] 今日の一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<一言 09/11/18 騰落レシオ 69.08% | 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 | 一言 09/11/16 誰が売っているの?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。