小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
09/12/04 野村ホールディングス機会損
2009-12-04 Fri 18:00
東証一部
値上がり銘柄数 : 523
値下がり銘柄数 : 1037
変わらず :121
騰落レシオ : 75.29%


先日PBR1倍われで買ったけれど、だましでストップロスに引っかかり反対売買されてしまいました野村ホールディングス<8604>ですが、今日はさらに上昇していました(泣)今回の機会損もかなり大きいです。利益が出ていたら100万円以上の利益が出ていたはずでした。すごく落ち込みます(笑)

いつも下落している銘柄をチェックして大体底値で買うので狙う銘柄はあたりが多い(笑)のですが、買った後の対処の仕方で大きな機会損になっています(笑)機会損というのは実損と同じくらいつらいですね。

私は変わっていて、上がっている銘柄にはあまり興味がないのです。下落している銘柄とか新安値をつけているような銘柄の中で業績がよいか、今後伸びる可能性のある銘柄をチェックして、ずっと下落を待ってここぞというときに買います。

やり方は下落途中は買わずに逆指値の買い注文を出して、株価の下落と共に日々下げていきます。だまし上げに引っかからないようにしなければなりませんが、そうすると大体底で買えたりします。

問題は買った後の対処の仕方が悪すぎて、せっかく底付近で拾ってもわずかな上昇後の売りの一時的なだましにストップロスが引っかかって大きく機会損というパターンが多いです。

いつもストップロスの設定で失敗します。買った直後、値段より下につけると、誰かに見られてるのではないかというほど、ストップロスのところまで株価が下がって反対売買執行された直後に高騰したりします。

買った値段より株価が上昇して、ストップロスを上につけていても面白いようにストップロスまで下がってきて反対売買執行された直後に高騰してしまいます。

前よりはうまくなっていますが、まだ失敗することがあります。失敗しなければ大きな利益が出ていましたが残念でなりません。










■業種別チャート 091204
業種別チャート 091204








┏―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┐
┃ ★お役に立てましたらクリックしてくださると幸いです  ┃
┗―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┘


別窓 | [投資] 今日の一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<09/12/04 非農業部門雇用者数変化大幅縮小? サプライズ? | 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 | 09/12/04 株主優待、経営悪化を理由に経費削減の一環として廃止する企業が増えている>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。