小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
09/12/22 ロイター個人投資家12月調査:投資意欲低下、景気二番底など懸念
2009-12-22 Tue 16:52

[東京 22日 ロイター] 個人投資家の投資意欲が一段と低下している。ロイターが22日にまとめた12月個人投資家調査によると、日本株への投資スタンスを示すロイター個人投資家DI(「強気」の割合から「弱気」の割合を引いて算出)はマイナス62に悪化し、2006年1月の調査開始以来3番目の低水準となった。

 景気二番底やデフレ不況が懸念され、内需関連セクターの低迷ぶりが目立つ。政権交代後に前向きの変化が乏しいことも弱気材料として挙げられた。

http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-13060320091222



個人は売りに回っているようです。

これは投資主体別売買動向 外国人VS個人 (09年12月2週) のグラフですが

投資主体別売買動向 外国人VS個人 (09年12月2週)

面白いことに外国人と個人の動きは相反する行動になることが多いです。外国人が売りのときは日経平均は下がり外国人が買いのときは日経平均は上がります。

ということは現在新聞などのメディア報道で2番底を懸念と散々言われていますから、個人投資家はネガティブに反応して売っているので、一緒に売ってはいけないということになるのではないでしょうか。

私の予想では外国人はこの局面で買ってきて、それで日経平均が1万500~1000円越えになってからようやく個人が「意外と強いな買おうかな」と買い主体になってきたところが売りなのかもしれません。難しいですね。

アナリストは8月くらいに2番底だと言っていましたから、ぜんぜん当たらないなあと思っていました。今は盛んに2番底といわれますが、2番底と強く言われるときこそ上昇局面なのかもしれません。



(注)投資の判断はご自身の責任でお願いします


┏―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┐
┃ ★お役に立てましたらクリックしてくださると幸いです  ┃
┗―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┘
別窓 | [投資] 今日の一言 | コメント:1 |
<<09/12/22 株式市場関係者23人日経平均予想レンジ | 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 | 09/12/22 今日の騰落レシオ>>
この記事のコメント
今年の3月と展開が似てますね
5000円がしきりに叫ばれてました
2009-12-29 Tue 07:26 | URL | あああ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。