小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
国際テクニカルアナリスト 福永博之さんのセミナーにて バリュー株とリスク管理
2009-07-22 Wed 16:00
福永博之さんのセミナーを見に行ったとき

リスク管理のお話をしてました

※上級者の方には退屈な話なのでご了承ください




要点は3つ

1:価格変動リスク
2:流動性(換金性)リスク
3:信用(倒産)リスク


株である以上価格が変動するのはあたりまえで

私のバリュー株投資は基本的に財務状況がよいことが前提なので

信用リスクもあまり心配はないとして

バリュー株では大きな問題といえば

それは2番の流動性(換金性)リスクなのです

売りたたかれて安値に放置されてるからバリュー株なのですが

安値に放置されているということは流動性が低いということです

私はバリュー株を一気に買わず様子を見ながら少しずつかっていくのですが

株数が多くなると問題が発生します

一気に売られだすと損失がすごい勢いで膨らむということです(笑)

何度かそうなったことがあり

仕方なく流動性のある株を処分するということがありました(投資のやり方としては間違ってます)

困ったことに今のところ対策のしようがないんです

考えられる対策は

1:バリュー株を分散投資する
2:底をしっかり確認してから買う
3:先物でヘッジ
4:バブルがはじけて相当時間がたって日経平均全体が上がり始めたときから買う
5:ストップロス発動で遠慮なく売る


1はせっかくのバリュー株なので分散はあまり効率的じゃないです

割安株を多く買うから利益がでる

2の底を確認するのは意外と効果がありますが

底を確認するということはほかの人も注目しだすので

常にチェックしていないと買い遅れてしまいます

流動性が少ないので動き出すと一気に動き出します

3これは効果があると思います

私は売りが下手なのでやってませんが

先物やってる人はぜひやってみてください

4は意外と効果ありです

日経平均上昇と共に上がってくるのですが

日経平均上昇時はまずほとんどの方は大型株に行っているので

その間にかっておくという方法です

大型株の動きが悪くなってきたころに

バリュー株に光が当たりみんなが買いにきます

5はたぶん売れません(笑)

みんな売るので流動性少ない株は売れないまま株価だけが下がっていきます(笑)

そうなったら逆にチャンスです

25日移動平均腺からかなり乖離したら戻る可能性が大きいので

あまりに乖離したら逆に買いに走ると利益が出ます






バリュー株の流動性リスク対策でいい方法を知っている方がいましたら教えてください
別窓 | [投資] 今日の一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<[指標] ダウ&ナスダック 騰落レシオ | 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 | [今日の損益] 090722 勝ち>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。