小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
10/05/09 NYダウ、NASDAQ関連チャート更新
2010-05-09 Sun 01:10
週末もダウは下落しましたね。終値10380.43ドル。

ツイッターで

12:48pm, May 7 ダウ終値10520.32 200日移動平均10184.90、NASDAQ終値2319.64、200日移動平均2203.18 週末ということもあり2~3日で200日移動平均まで下がるかもしれない。ということは日経平均も200日を割る下げもあるかもしれない。そこが買いか。



と書いたときは、200日移動平均10184.90ドルでしたが、週末終値から計算する200日移動平均線は10192.39 5ドルドル。もし下がるとすればここまでは下がるでしょう。

前々からマーケットの声を聞いていて気になっていたことはアナリストの方々で、「ギリシャは小国なのだから市場に大したインパクトは無い」といっている人が多かったこと。アナリストのいうことをよく逆指標にとる私としては、これは波及すれば深刻になりそうだと思いました。波及すればギリシャだけでなくポルトガル、スペイン、イタリア、アイルランド、イギリスなども危ないですし、借金大国の日本も危ないからです。ロイターにこんなものが掲載されていましたが、これみると怖いです。日本は飛びぬけています。

■ロイター 各国の財政状況(2011年における対GDP比予想)
各国の財政状況(2011年における対GDP比予想)

国債という借金のほとんどが国内で消費されているということだけが救いではないでしょうか。でもその救いも長くは続かないでしょう。借金1000兆円を超えてきたら、いよいよ金融資産1400兆円に近づいてくるわけで、マーケットはある日突然一気に崩れるので、崩れたときはもう遅いと思います。

大部分の75%近くを高齢の方が持っているようでその資金をどうやって有効活用するかが問われるのでしょうが、若者は選挙に行きませんし、高齢の方は選挙に行くので、政治力でその資金をうまく有効利用することも難しいかもしれません。

政治が混迷してるから政治なんて興味ないといって投票に行かないと結局損するのは自分ということです。若者はもっと政治に興味を持って投票しに行かないといつまでもこの金融資産も眠ったままで、気づいたときには日本がデフォルトしていたということにもなりかねません。





ということで不確定要素が多いときはダメージを受けるときは一気にダメージを受ける可能性のある信用取引などは建玉を減らしていました。




ただ、7日、連日のマーケットの暴落を受けてブリュッセルで緊急首脳会議を開き、ユーロ防衛基金の設立に合意。首脳は、ギリシャへの総額1100億ユーロ(約13兆円)の協調融資実施を承認。さて週明け市場はどう動くでしょうか。週明けのNY市場の動向をうかがう展開になると思います。

リーマンショックからおそらく世界の首脳は学んでいるので再び金融危機は引き起こすような政策をしないとは思いますが、負担が増える国民はそんなことお構いなしにデモなど行うかもしれないのでまだ不確定だとおもいます。

目先の損失を避けるためにデモを起こして政治の足を引っ張り、結局ギリシャあたりがデフォルトしてポルトガル、スペイン、イタリア、アイルランドなどが連鎖デフォルトすれば世界金融危機が再び起こり、大不況が来るのは確実でしょう。

そうなっては元も子もないと思います。リーマンショックのときも、「なぜ散々自分たちだけ儲かってきたこんな一企業を国民の税金で救済しなければならないんだ!」という感情的には全くそのとおりかもしれませんが、長期的視点が欠けていたので、目先の感情で救済案を否決したところから深刻な世界的大不況に突入しました。

世界各国がジャブジャブに資金を供給したので株価も回復して資産効果もあり需要もやや増えてきて景気は回復してきてますが、再び金融危機が起こればおそらくリーマンショックの比ではすまないでしょう。長期にわたる深刻な大不況がやって来ると思います。



■ダウ工業株30種平均&VIX指数(恐怖指数)チャート(90年01月01日~10年05月08日)
ダウ工業株30種平均&VIX指数(恐怖指数)チャート(90年01月01日~10年05月08日)

VIX指数(恐怖指数)がギリシャ問題で大幅に上昇しました。リーマンショックのとき以上のスピードで上昇しています。月曜NY市場がどうなるか、もし月曜日からさらに下げるとなるとかなり危ないと思います。

■ダウ工業株30種平均&移動平均線乖離率チャート(3年)(10年05月08日)
ダウ工業株30種平均&移動平均線乖離率チャート(3年)(10年05月08日)

■ダウ工業株30種平均&移動平均線乖離率チャート(10年)(10年05月08日)
ダウ工業株30種平均&移動平均線乖離率チャート(10年)(10年05月08日)

■ダウ工業株30種平均&前日比平均(10年05月08日)
ダウ工業株30種平均&前日比平均(10年05月08日)

■ダウ工業株30種平均&騰落レシオ(10年05月08日)
ダウ工業株30種平均&騰落レシオ(10年05月08日)

■NASDAQ&前日比平均(10年05月08日)
NASDAQ&前日比平均(10年05月08日)




ギリシャ危機とはなに?という方には、分かりやすい映像が毎朝お世話になっているモーニングサテライトにあったのでご覧ください。

■1から分かるギリシャ危機 第1回 http://www.tv-tokyo.co.jp/nms/shincyouryu/post_748.html
■1から分かるギリシャ危機 第2回 http://www.tv-tokyo.co.jp/nms/shincyouryu/post_1006.html 
■1から分かるギリシャ危機 第3回 http://www.tv-tokyo.co.jp/nms/shincyouryu/post_1082.html


┏―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┐
┃  ★お役に立てましたら1日1回クリックしてくださると幸いです      ┃
┃                                   ┃
┗―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┘





別窓 | [投資] チャート関連 | コメント:0 |
<<10/05/10 今週の決算予定 | 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 | 10/05/06 日経平均チャート更新>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。