小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
10/05/27 宝くじで大当たりした男性、当選金13億を8年で使い果たし人生のどん底に
2010-05-27 Thu 02:50

当選金13億円を8年で使い果たした男「もう金持ちになりたいと思わない」2010年5月19日 15時23分 (ロケットニュース24)
http://topics.jp.msn.com/life/column.aspx?articleid=288183


(ロケットニュース24)21歳で巨額のロトくじに当選した男性が、8年で全額使い果たし、今ではみすぼらしい生活を送っていることが判明した。この男性は970万ポンド(約13億円)ものお金を手にしたものの、豪邸を買ったり高級車を買ったり、果てはドラッグに手を出して、見るも無残に転落してしまった。しかし彼は「もう金持ちになりたいと思わない」と語っている。

英ノーフォーク州に住むマイケル・キャロルさん(29歳)は、21歳の時に巨額のロトくじに当選し、世界一幸運な男として世の中に知れ渡った。当時は若く端正な顔立ちをしていたためテレビなどにも出演し、いきなりスターダムにのし上がった。

彼は有頂天になってお金をバンバン使いまくった。豪邸を購入したり、高級車を買い付けたりして、お金を使う楽しみに溺れていった。毎晩違う女性と家に招き、パーティを開いてパーティ三昧。挙句の果てにはドラッグに手を出した。

幸運な男として祭り上げられたマイケルさんだったが、お金で買える豊かさは彼の心までは満たすことが出来なかった。「当時は、お金はあったけど、何の感情も感じられなくなるほど麻痺してしまっていた。人生は不幸だと考えていたんだ」と振り返る。その心の隙間を埋めるように、さらにドラッグにのめり込んで行った。最終的にコカイン所持疑惑で警察に逮捕され、5ヶ月間の監獄生活まで味わい、彼は人生のどん底に到達したのだ。そして、8年間でお金も完全に底をついた。

現在彼は、ガールフレンドのジェムマさんと子供2人でひっそりと暮らしているという。清掃職員として週給200ポンド(約27,000円)で働いている。「貧乏になったことは全然恥ずかしいと思わない。むしろ、酒と女に溺れていた日々の方が、ずっと恥ずかしいことだ」と反省の言葉を口にし「もう金持ちになりたいと願うことはないね。お金への未練もないよ。貧乏でも一生懸命生きる方が、はるかに幸せだ」と満足そうに語った。マイケルさんはお金では得られないものを手に入れたのかも知れない。





もったいないw
貧乏になる人はお金の使い方間違っていますね。
13億を毎年10%で運用して
その運用益だけ使っても十分w
別窓 | [投資] 今日の一言 | コメント:0 |
<<10/05/27 27日発表 投資部門別株式売買動向 | 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 | 10/05/25 日経平均落ちるナイフ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。