小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
[今日の損益] 090730
2009-07-30 Thu 22:00

プラスマイナスゼロの成績でした
日経平均よりパフォーマンス悪かったので負けということになります


今日の任天堂は皆さん見ていたでしょうか
はモルガンが午前中にオーバーウェートで38000円から4万円に修正
その後個人の買いがたくさん入ったようで久しぶりに大きく上昇しました
ところが15時の決算発表は4-6月期大幅下方修正

Wiiの販売数が前年同期比で半減とかなりのダメージです
ここまで販売数が減少していると、
アメリカで貯蓄率が上がっている現状を考えれば
娯楽に回るお金も少なくなるのではないでしょうか
10年3月期の予想は変えてないようですが
現状は厳しいと思います

モルガンほどでしたらあらかじめわかっていたはず
決算直前に投資評価の上方修正は明らかにおかしいです
個人の会を誘うようなレーティングです
これは典型的な大口に逃げさせるパターンではないでしょうか

このようなことが平然と行われていてよいのか疑問です
個人がいつも大口の食い物になるような投資環境では
個人は恐ろしくて新規に株式市場に入ってこれなくなるでしょう

わたしはレーティング情報は逆指標に読んでいるので被害を受けることはなくなりましたが
投資を始めた当初はレーティングを信じて買いましてほとんどの確率で負けました
レーティングは個人に儲けさせるためではなく
大口に儲けさせるためにあるのではないかと考えるようになりましたが
実際そのように思えます

PTSでは任天堂は大幅に売られていますが
悪材料で筑紫となるのか、明日は売り込まれるのか
予想はできません
ただ、世界中でお金が貯蓄に回っていることを考えれば
これからも娯楽費用にお金が使われるとは考えにくいと思います
PBR 2.73とやや割高感も否めませんので
売り込まれるでしょうか


でも個人が売り込んだときは大口は今度は底で拾いに来るのでしょう
みなさんもレーティングにはお気をつけください
別窓 | [投資] 今日の一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<(続)踏み上げ相場 | 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 | [今日の損益] 090729 負け>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。