小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
10/08/07 (補足)海外投資家は買ってきているかもしれません
2010-08-07 Sat 11:15
┏―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┐
┃  ★お役に立てましたら1日1回クリックしてくださると幸いです      ┃
┃                                   ┃
┗―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┘


海外投資家は買ってきているかもしれません。寄り付き前外資系動向を見てみましょう。

 日付  売り 買い 差し引き 金額 日経平均 前日比  
7月14日 1370 2550 +1,180 売越 9795.24 +258.01
7月15日 1370 2060  +690 売越 9685.53 -109.71
7月16日 1540 1630   +90 売越 9408.36 -277.17
7月20日 1350 1020  -330 売越 9300.46 -107.90
7月21日 1400  910  -490 売越 9278.83  -21.63
7月22日 2020 3020 +1,000 売越 9220.88  -57.95
7月23日  860 2950 +2,090 買越 9430.96 +210.08
7月26日 2400 1480  -920 売越 9503.66  +72.70
7月27日 1750 1690   -60 買越 9496.85  -6.81
7月28日 1540 1940  +400 売越 9753.27 +256.42
7月29日 1190 2060  +870 買越 9696.02  -57.25
7月30日 1590 1700  +110 買越 9537.30 -158.72
8月 2日 1480 1790  +310 売越 9570.31  +33.01
8月 3日 1390 2270  +880 売越 9694.01 +123.70
8月 4日 1420 3150 +1,730 買越 9489.34 -204.67
8月 5日 1110 4110 +3,000 買越 9653.92 +164.58
8月 6日 1170 4380 +3,210 買越 9642.12  -11.80
※株数は(万株)です


■日経平均+寄り付き前外資系動向チャート(10年08月07日)
日経平均+寄り付き前外資系動向チャート(10年08月07日)

寄り付き前外資系動向を見ると7月に入って7月23日あたりから株数ベースでも金額ベースでも買い越しが目立ってきました。株数ベースではかなり大幅な買い越しになってきています。

東京市場の2/3は外国人の売買といわれるように海外投資家の動きは注目するほうがよいと思います。一般に日経平均の相場は海外投資家によって作られるからです。私は短期売買をしないのであまりお勧めはしませんが海外投資家の動きについていくように売買すれば短期では利益が出るのではないでしょうか。中長期で考えている人もある意味安心して買えるのかもしれません。差し引きで2000万株とか3000万株の買い越しというのはそんなにあることではありません


実際に投資主体別売買動向をみてみると・・

■日経平均+投資主体別売買動向チャート(2010年07月4週)
日経平均+投資主体別売買動向チャート(2010年07月4週)

■日経平均+投資主体別売買動向(外国人VS個人)チャート(2010年07月4週)
日経平均+投資主体別売買動向(外国人VS個人)チャート(2010年07月4週)


日経平均が下落することがあります。売り圧力はまだ存在しています。誰が売ってきているのかというと国内の銀行と生保と個人投資家が売ってきているようです。(2010年07月4週 7月26日~7月30日の主体別売買動向を見ると生保・銀行・その他金融・個人は売り越し)生保などは来年まで持ち合い株解消の動きがあるようです。海外投資家と国内法人は買い越しのようです。特に国内個人投資家は驚くほど海外投資家と逆の売買をします。

1ドル85円前半、84円間近という超円高に入って、総悲観気味になっているのは海外投資家ではなく国内投資家という構図?でしょうか。



次に新高値・新安値をみてみましょう


■日経平均+新高値・新安値チャート(10年08月07日)
日経平均+新高値・新安値チャート(10年08月07日)

日々新高値より新安値のほうが多い状況です。これも生保や個人投資家が売ってきているという証拠かもしれません。海外投資家は流動性の高い225銘柄などを買いますので、それ以外の小型株などは個人投資家などが売買しやすいからです。




では、国内投資家が売ってきているのは企業業績が悪いからなのかというと、企業業績がよいのに売られているようです。

(日経)2010/08/06
主要企業の業績改善が鮮明だ。金融・証券を除く時価総額上位30社(東証1部の3月期決算企業、6月30日時点)を対象に、2010年4~6月期の連結経常利益(米国会計基準企業は税引き前利益)の通期予想に対する進ちょく率を調べたところ、25%を上回った企業は全体の6割強にあたる19社だった。特に輸出企業の高さが目立ち、自動車は50%超、電機は50%前後に達する企業が相次いだ。




欧州不安に一番敏感になったのも国内投資家。超円高に一番敏感になっているのも国内投資家というのが鮮明なようです。ドル建てやユーロ建てに換算すると海外投資家からは割高に見えることはありますが、超円高を考慮してもなおよい企業業績に目を向けて海外投資家は買ってきているような気がします。


また、国内の銀行などによる株売り日本国債買いは鮮明になってきているようです。

日経平均+日本国債利回りチャート(10年)(10年08月07日)

国債が買われて利回りがどんどん低下しています。この状況は、2002年3月あたりから2003年6月にかけて2年国債と10年国債の利回り差が縮小した状況に似ているようです。国内投資家によって株売り国債買いが続くということは、好材料にはあまり反応せず、悪材料には敏感に反応して株式相場は下落する傾向が続くか、もしくは海外投資家が買い支えるような展開になるかもしれません。


ちなみに、米国債入札がある週は株価が下落するという傾向(アノマリー)があります。

来週の米国債入札予定は
10日(火)3年物米国債入札
11日(水)10年物米国債入札
12日(木)30年物米国債入札

になっています。もしアノマリーどおりにNY市場が下落すれば、超円高の今、市場にネガティブな国内投資家はどう反応するでしょうか。まあ、おそらく思い切り売ってくるでしょうね。それを海外投資家が買い支えてくれればいいものの・・・さて来週はどうなりますか・・・







そのほかのチャートは以下


■日経平均ローソク足(03年1月~)(10年08月07日)
日経平均ローソク足(03年1月~)(10年08月07日)

■日経平均ローソク足(10年08月07日)
日経平均ローソク足(10年08月07日)

■日経平均+前日比チャート(10年08月07日)
日経平均+前日比チャート(10年08月07日)

■日経平均+移動平均線乖離率チャート(3年)(10年08月07日)
日経平均+移動平均線乖離率チャート(3年)(10年08月07日)

■日経平均+移動平均線乖離率チャート(10年)(10年08月07日)
日経平均+移動平均線乖離率チャート(10年)(10年08月07日)

■日経平均+騰落レシオ(00年~)チャート(10年08月07日)
日経平均+騰落レシオ(00年~)チャート(10年08月07日)

■日経平均+騰落レシオ(4年)チャート(10年08月07日)
日経平均+騰落レシオ(4年)チャート(10年08月07日)

■日経平均+日経平均(過去)チャート(10年08月07日)
日経平均+日経平均(過去)チャート(10年08月07日)

■日経平均+売買代金チャート(10年08月07日)
日経平均+売買代金チャート(10年08月07日)

■日経平均+新高値・新安値チャート(10年08月07日)
日経平均+新高値・新安値チャート(10年08月07日)

■日経平均+投資主体別売買動向チャート(2010年07月4週)
日経平均+投資主体別売買動向チャート(2010年07月4週)

■日経平均+投資主体別売買動向(外国人VS個人)チャート(2010年07月4週)
日経平均+投資主体別売買動向(外国人VS個人)チャート(2010年07月4週)


■日経平均+NT倍率チャート(10年08月07日)
日経平均+NT倍率チャート(10年08月07日)

■日経平均+TOPIX騰落率チャート(10年08月07日)
日経平均+TOPIX騰落率チャート(10年08月07日)

■日経平均+寄り付き前外資系動向チャート(10年08月07日)
日経平均+寄り付き前外資系動向チャート(10年08月07日)





★信用取引

■日経平均+信用倍率チャート(10年08月07日)
日経平均+信用倍率チャート(10年08月07日)

■日経平均+信用評価損益率チャート(10年08月07日)
日経平均+信用評価損益率チャート(10年08月07日)

■日経平均+3市場信用取引残高チャート(10年08月07日)
日経平均+3市場信用取引残高チャート(10年08月07日)


★裁定

■日経平均+裁定取引に係る現物株式の売買チャート(10年08月07日)
日経平均+裁定取引に係る現物株式の売買チャート(10年08月07日)




★国債利回り

■日経平均+日本国債利回りチャート(10年)(10年08月07日)
日経平均+日本国債利回りチャート(10年)(10年08月07日)



┏―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┐
┃  ★お役に立てましたら1日1回クリックしてくださると幸いです      ┃
┃                                   ┃
┗―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┘
別窓 | [投資] 今日の一言 | コメント:0 |
<<10/08/11 「国の借金」のまとめ | 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 | 10/08/06 海外投資家は買ってきているかもしれません>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。