小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
15歳からの株式投資 (2)
2011-06-09 Thu 18:00
15歳からの株式投資 目次 > ②「株式投資」とは何か > 「株式投資」はギャンブルなのか

『15歳からの株式投資』

②「株式投資」とは何か

  ◆「株式投資」はギャンブルなのか


日本ではよく「株」はギャンブルと言われます。世間では株式投資をしている人に対して偏見をこめて「株をやってる」「相場を張る」などといいます。

2009年3月21日の経済危機克服のための有識者会合で、麻生太郎元総理大臣は「『株屋』っていうのは信用されないんだよ」「預金と違って、株をやってるというと田舎では怪しい」とおっしゃいました。

これがおそらく昔から続く日本の現実なのかと思います。



かつて1980年代バブルの頃、「日経平均は5万円になる」などという市場関係者の威勢のよい声に乗らされてしまい、非常に高値で株式を買った人が多くいました。

日経平均株価は1989年12月30日 3万8915.87円までつけました。

■日経平均株価(1949年5月~1989年1月)
日経平均株価(1949年5月~1989年1月)

1980年代はまさに経済右肩上がりで、明日は今日よりきっとよくなると皆が思っているような時代でした。

しかしその後の政治の政策の無策・失敗などにより株価は暴落していきました。日経プロフィルによると「バブル経済の崩壊とその打撃の深刻さが多くの人にはっきりと認識されたのは91年から92年」ということだそうです。株価は半年から1年先を読んで動くといわれるので1990年からの暴落は日本経済の先を案じていたのでしょう。

経済が凋落していく過程で泣く泣く保有株式を処分した方もいらっしゃると思いますが、中には含み損を覚悟して「いつか元に戻ってくる、だからその時まで待ってから売ろう」と考えて売却しなかった人もいらっしゃるようでした。

しかし、その後20年以上にわたる経済不況(失われた20年などといわれます)を経て、未だに株価がバブルの頃に戻る気配はありません。人口減少内需衰退の現実を見ると永遠にバブルの頃のような高値には戻らないでしょう。

残念ながら、地方銀行の株式などは1990年に頭を打ってから20年以上かけて、2010年10月末には上場来最安値を更新する銘柄が続発するというような事態にまでなっています。

■日経平均株価1984年1月~
日経平均株価1984年1月~

そのようなお辛い経験をされた方々にとっては、「株屋は信用されない。田舎では怪しい」という言葉はますます深まるばかりではないと思います。




2000年代に入るとインターネットによる株式売買が普及してきて手数料が劇的に安くなったので庶民にも株式投資が一般的になりはじめましたが、その後の堀江貴文氏や村上世彰氏などの目立った事件の影響もあり、なんとなく株式に関わっている人は怪しいという雰囲気が再び作られてしまったような気もします。



村上世彰さんのいうことは、「出資した株主の意見も経営に取り入れてより効率的な経営をして会社が利益を上げていく」ということなのでけして間違っているわけではありませんが、「会社だはれのものか」という議論を巻き起こし、「会社は株主のもの」という行き過ぎた発言によって国民から多くの反発をかってしまいました。

また、2006年1月16日ライブドア事件が起こりました。それに関連して某証券会社が突然代用有価証券掛け目(※)をゼロにするということを行い、信用手仕舞い売り(※)などが起こり多くの個人投資家も損失を受け、それ以降新興株式市場は暴落し衰退の一途を辿っています。

■日経平均株価+TOPIX+日経JASDAQ平均 騰落率チャート(03年4月28日を1とした比較)
日経平均株価+TOPIX+日経JASDAQ平均 騰落率チャート(03年4月28日を1とした比較)





このようなことから日本においては「株式投資」=「怪しい」「ギャンブル」というような雰囲気が再度出来上がってしまいました。

しかし、「株式投資」=「ギャンブル」というのは、これは客観的にみて正しいのでしょうか。おそらく、そういう表現をする一部の人はそもそも「株式」の意味を正確に理解されていないこと、さらに「投資」と「投機(ギャンブル)」をごちゃごちゃになっているからそのように言われるのだと思います。では「株式」とは何でしょうか。次回から「株式」の話に入りましょう。



お勧め参考図書
バブルの歴史―チューリップ恐慌からインターネット投機へ
新版 バブルの物語
熱狂、恐慌、崩壊―金融恐慌の歴史
すべての経済はバブルに通じる (光文社新書 363)





※代用有価証券掛け目

通常株式を買うときは「現物取引」を行う(通常の株式取引)ことになりますが、証券会社からお金を借りて投資する「信用取引」という制度があります。この信用取引は現物取引で買った現物株を担保としてお金を借りる事が出来ますが、通常担保価値は8掛け(現物株式の価格の80%)となっています。それをライブドアショックのときに突然ライブドア現物株式が担保価値ゼロに引き下げられたので、現金を入れるか信用取引を処分しなければならなくなり一気に暴落しました。

※信用手仕舞い売り

ライブドアショックのときにライブドアの現物株式を担保価値ゼロにされたので、あわてて売らざるを得ない状況になりました。その信用を処分売りすることを手仕舞い売りと表現します。投資の世界は独特の擁護を使います。





┏―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┐
┃  ★お役に立てましたら1日1回クリックしてくださると幸いです      ┃
┃                                   ┃
┗―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┘

別窓 | [投資] 15歳からの株式投資 | コメント:2 |
<<15歳からの株式投資 (3) | 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 | 15歳からの株式投資 (1)>>
この記事のコメント
どうでしょう?
>このようなことから日本においては「株式投資」=「怪しい」「ギャンブル」というような雰囲気が出来上がってしまいました。

これはとんでもない間違いです。20年前、30年前などは、株式投資をする人間なんて言うのはおよそまともな人間ではない、と思われていました。社長さんか、競馬や競輪では満足できない金持ちの究極の道楽遊び、およそ今と比較しようの無いひどいイメージでした。
彼らの影響なんてケシ粒のようなものですよ。
2011-06-09 Thu 18:51 | URL | ぽんた #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
Re: どうでしょう?
書き込み有難うございます。
少し文章が言葉足らずでした。
訂正いたしました。
また何かお気づきの点がありましたらご指導よろしくお願いいたします。
2011-06-10 Fri 01:14 | URL | VSI (Value Stock Investor) #ljnqdYzc[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。