小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
15歳からの株式投資 (12)
2011-08-02 Tue 17:10

『15歳からの株式投資』
15歳からの株式投資 目次 > ④投資のススメ > 短期ではなく長期の視点





  ◆短期ではなく長期の視点
    ◇投資は短期間に増えるものではない




短期間で自分の資産が増えるというのはとても魅力があるものです。資産が増えて嬉しくないという人はおそらくほとんどないでしょう。

多くの人が宝くじ(TOTO・LOTO等)・競馬に夢をかけたり、パチンコをしたりするのも短期間で富が手に入ることに憧れるからでしょう。

しかし残念ながら「投資」と言うものは短期間で増えるものではありません

株式の場合は短期間には乱高下しますが、中長期的には企業業績にしたがって株価が推移していくからです。なので、毎年倍倍ゲームで業績が伸びる企業と言うのはほぼないので、短期間に莫大に増やすということはなかなか難しいのです。

しかし、短期間に増えないからといって魅力がないということにはなりません。より長期的な視点に立つと宝くじなどより莫大な富を手にすることも可能になります。



    ◇若者最大の武器「時間」



若者にとって最大の武器は「時間」があるということです。

なぜ時間が武器になるのでしょうか。それは投資は徐々に足の速くなる亀のようなものだからです。

はじめはのろのろとしか歩けない亀ですから資産もなかなか増えたという実感が感じられないかもしれません。

例えば10万と言うお金を20%で運用すれば次の年には12万円になります。1年間で2万円の増加になります。

このくらいの額ならばパチンコやギャンブルなら1日で稼げるかもしれませんから、気の短い人はこののろのろ感に堪えられず、短期間にお金を稼げるほうに向かい投資の世界からは離れてしまいます。



しかし毎年コツコツと資産を増やしていくとどうなるでしょうか。

徐々に資産増加スピードが増加していきます。

もし資産が1億円貯まった時に20%で運用すればどうなるでしょうか。次の年には1億2000万円になります。

まだ20歳くらいの学生さんならば、定年を迎えるまでに40年あります。

では20歳までにバイトなどで頑張って仮に100万円を貯めたと仮定しましょう。

その100万円(以降1円も加えない)年20%複利運用(※次回詳しく説明します)するとどうなるでしょうか。

20年後にはこのような額になります。

100万円以外一切資金を追加しないで複利運用するとこのような額になるのです。

資産運用グラフ1



では、さらに20年後はどのように増えていくでしょうか。

先ほど「徐々に足の速くなる亀」といいました。

複利運用の威力がここで発揮されてきます。驚くほどの増加です。

では、次回までお楽しみに。





まとめ
・投資は短期間に増えるものではない
・若者最大の武器「時間」
・複利で運用することによって莫大に増える




┏―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┐
┃  ★お役に立てましたら1日1回クリックしてくださると幸いです      ┃
┃                                   ┃
┗―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┘

別窓 | [投資] 15歳からの株式投資 | コメント:0 |
<<15歳からの株式投資 (13) | 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 | 2011/08/01 東北地方太平洋沖地震義援金報告(2)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。