小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
2011/09/06 ツイッター抜粋
2011-09-06 Tue 23:59
(ブルームバーグ)ギリシャ2年債利回り、初めて50%超える 9月5日ギリシャ2年債相場は一段と下げ、利回りが初めて50%を上回った。ロンドン時間5日午後3時26分現在、利回りは298ベーシスポイント(bp=0.01%)上昇して50.19%。 破綻しないなら美味しすぎる(笑)
posted at 01:04:19

市場ではQE3とか、オペレーションツイストとかいろいろ言われていますが、最も怖いのは、当局がどんな政策を組んでも経済が全く好転しない事。1930年代~の様な数十年に渡る経済の停滞は避けて欲しいものです。そうしないと日本は失われた50年とかなきにしもあらず。
posted at 01:16:16

経済危機が起こると、国民はより危険な方向を選択する傾向がある。ギリシャもイタリアも緊縮財政反対でストやデモ。そして先ほどメルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)も大敗。米国もそもそもブッシュ政権が引き起こした経済の停滞をオバマ政権の責任にされて支持率低迷。行く末は如何に。
posted at 01:29:06

ギリシャとJALの体質は似ている。既得権が散々うまい汁を吸ってきて、いざ大変な事態になるとデモやストで激しく抵抗する。結局JALは破綻したけど、ギリシャも破綻間近でしょう。ギリシャ2年債利回り50%、10年物は19.4%台って異常な値ではないでしょうか。
posted at 01:33:57

欧州中央銀行(ECB)はイタリアやスペインの国債を買い続けて本当に大丈夫なのかな。ECBが買い続けても利回りは上昇し続けている。危ない橋を渡っている気がします。
posted at 01:41:42

9月5日欧州株式市場 イギリス 5102.58 / -189.45(-3.58%) ドイツ 5246.18 / -292.15(-5.28%) フランス 2999.54 / -148.99(-4.73%) イタリア 14333.91 / -726.88(-4.83%) 暴落継続
posted at 01:44:22

ドイツ株式市場は明確にリーマンショック発生時を割り込んできた。 本日終値は5246.18ポイント / -292.15(-5.28%) yahooファイナンス5年チャート(月足で今月分さらに下落しています) http://p.twipple.jp/vfbU6

posted at 02:01:51

直近の世界株式市場の大暴落を引き起こしたのは、米国の債務上限引き上げ問題と、米国債格下げ問題。遡ればサブプライムローン問題もリーマンショック問題も米国が発信源。今回そもそも債務上限引き上げを政治の具につかったのは共和党だった。世界の足を引っ張り続け何を考えているのだろうか。
posted at 02:06:19

ドイツ株式市場の様子は今の世界経済の異常さを表していると思う。これは普通の状態ではない。本日終値は5246.18ポイント / -292.15(-5.28%) yahooファイナンス5年チャート(月足で今月分さらに下落しています) http://p.twipple.jp/vfbU6
posted at 02:32:16

TOPIXが東日本大震災直後の終値を割り、リーマンショック後の2009年3月の最低水準にあとわずか。売られ過ぎだとおもいますが 。
posted at 14:52:10

本日、日経平均株価も東日本大震災直後の終値を一時割ってます。
posted at 14:55:08

昨日と今日の世界株式はNY市場が大きく下げる事を予期してあらかじめ下げているのですが、市場というものは天邪鬼なもので、みんなが下がると思うと上がったりします。もし本日NY市場が上げて引けると、明日の世界株式市場は「あれ?」ということで一気に買い戻しになったり。忙しい市場ですね。
posted at 15:19:48

ここ20年のTOPIXの安値は2009年3月12日の698.46ポイント。その前後の週が750ポイントほど。本日のTOPIX終値は741.20ポイント。つまり、リーマンショック最安値の前後の週並みに売られています。ここ20年の最安値水準と言ってもよいでしょう。政府は対応なし。
posted at 15:27:58

TOPIX東証株価指数は相当危険な水準ですが、政府・日銀は円高を注視するというだけで何も対応出さず。輸出関連の大企業・中小企業は壊滅的打撃を被っているでしょう。TOPIX(2005年12月~)のチャート→ http://bit.ly/pqMO1l 
posted at 15:32:47

金バブル継続中。1オンス=1920ドル突破。 本日の金価格チャート。 20年→http://p.twipple.jp/5qvGb 5年→ http://p.twipple.jp/E7w4y 1年→ http://p.twipple.jp/fnH59
posted at 15:41:38

(ラジオ日経)野村ホールディングス<8604>1975年ぶりの安値更新とか。今の日本株式市場の異常さが現れている気がします。
posted at 16:04:59

野村ホールディングス<8604>、1975年1月以来の安値更新。ようやくバリュー株式投資の射程範囲内に入ってきた。PER10倍台を注視。250円割れたら出動かな。米連邦住宅金融局から提訴された問題に何らかの光が見えればチャンスかな。
posted at 16:10:42

今日は米国先物が大きく下落してて先週末から300ドル近い下落を示していた。それを受けて日本株は暴落、東日本大震災の終値を割った。でもよくあることですが、アジア市場終了後、ダウ先物が上昇していって、欧州株を上昇させながらNY史上も上昇して引け、次の朝アジア市場が慌てて買い戻す展開。
posted at 16:13:27

円高要因はありますが、東日本大震災後の原発が次々に水素爆発して、日本自体が破滅するかどうかと言われていた時期と比べて現在日本の状況はどうか。常識的に考えれば3月15日よりは状況は良くなっています。ですが株価が3月15日水準を割っている。言うことは徐々に買いが正解でしょう。
posted at 16:17:52

アジア市場、特に日本株式市場は、先回り悲観視しやすい市場。一方的にNY史上下落を予想し織り込むこと多し。でもその通りには行かないこと多し。ということで、異常な売られ方をしているときは自分も悲観視して売ってしまうのではなく、冷静に周りの状況を見てポジションを考えるべきでしょう。
posted at 16:20:19

野村<8604>の場合米連邦住宅金融局から提訴されていると言う悪材料はありますが、1975年1月以来の安値を更新すると言う異常事態であり、この水準で悲観視投売りはもったいない。提訴の額が決まれば悪材料出尽くしといわれるような展開もありうるでしょう。
posted at 16:24:55

スイス国立銀行(中央銀行)がスイス・フランの対ユーロ高を阻止するため上限目標レートを設定、無制限の為替介入の用意があると発表。これを受けフランが対ユーロで暴落。日本は前代未聞の超円高に苦しめられながらなぜ何も対応出さないのか。財務大臣の「断固たる処置」は投機家になめられてます。
posted at 20:38:52

(続)スイス国立銀行(中央銀行)の無制限介入はまさに「断固たる処置」です。「即時実行で、ユーロについて1ユーロ=1.20フランを下回る為替レートを容認しない。この下限レートを断固たる決意をもって防衛する。無制限に外貨を購入する準備がある」と表明。本気度が伺えます。
posted at 20:44:17

(続)一方日本はどうでしょうか。「注意深く見守る」「断固たる処置を取る」そういいながら意味不明な82円介入から始まり、82円を割ってもそのまま放置で投機家は日本は本気ではないとドル売り加速して行きました。財務大臣も日銀も本当に情けないほど後手に回っています。本気度が感じられない。
posted at 20:45:41

(続)日本もドル円を1ドル=100円くらい(笑)に目標設定して徹底的にやる位の覚悟を見せないと、細々と介入を繰り返してしかもその水準を割っても放置する様なことを繰り返していたのでは、本気ではないと逆にドル売りを進められるだけです。
posted at 20:53:28

(続)スイスは第2四半期国内総生産(GDP)は前年比プラス2.3%と堅調にもかかわらずデフレを防ぐために断固たる処置に出た。日本はすでにデフレに陥り、前代未聞の域の超円高に苦しんでいるにもかかわらず放置状態。他国の目を気にして細々と意味のない介入を繰り返している。
posted at 20:56:46

続)スイスと日本の通過高に対する認識が違い過ぎる。日本の当局は為替を舐め過ぎている感が否めない。トヨタは1円円高継続で300億円の為替差損と言われる。ということは2007年1$=120円の頃と現在の1$=77円と比べたらそれだけで1兆3000億円くらいの逸失利益にならないかな。
posted at 21:19:21

続)トヨタ1社で2007年時より1兆3000億円の得べかりし営業利益を失っているとしたら、本来従業員に払える給料も相当コストカットされているという事。これだけのマネーが国内に還流すれば内需ももっと豊かになるだろう。輸出関連企業全体でみたら膨大な額である。日銀の罪は重いと思います。
posted at 21:22:09

(続)企業が本当に一生懸命コストを削りながら頑張っているのに、為替差損で利益がほとんど吹っ飛ぶとしたら輸出関連企業はやる気もなくなります。デフレは放置状態ですし円高も放置状態。日銀は通過が高ければそれで満足なのでしょうか。中の人は何を考えているのか。全員の給料をドル建てにすべし。
posted at 21:25:30

大統領選前年は株価上昇の傾向。クリントン政権が人気が高かったのも空前の株価上昇があったからとも言われています。オバマ大統領の発言をみていると株式市場を意識していると思われるものがよくあります。8日に上下両院合同会議でオバマ大統領の新たな雇用促進策に関する演説。力をいれてるでしょう
posted at 22:48:22


NYダウは1時間あまりで300ドル安。
posted at 23:48:49


┏―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┐
┃  ★お役に立てましたら1日1回クリックしてくださると幸いです      ┃
┃                                   ┃
┗―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┘

別窓 | [投資] ツイッター | コメント:0 |
<<2011/09/07 ツイッター抜粋 | 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 | 2011/09/05 ツイッター抜粋>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。