小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
一言 09/08/27 最近の傾向 今日は学習塾関連株が上昇?
2009-08-27 Thu 00:20
日経平均が上がってるのに、選び抜かれたように保有してるバリュー株が売られました。かなりマイナス。悲しいですね。つらいです。業績もよくて、PBRも0.5を割っていて、PERも10倍以下なのに売られてますよ。トホホです。


今日は、城南進学研究社、学習研究社、東京個別指導学院、秀英予備校、いずれも学習塾や予備校関連の株が値上がり率上位に来ていました。学習塾関連株は以遠に叩き売られていたころに注目していたのですが、他の銘柄を買っていて買っていませんでした。中期でホールとしていたらずいぶん利益が出ていました。もったいないことをしました(笑)


あと、最近は不動産関連市場がおかしなことになっていますね。赤字なのに連日ストップ高というようにマネーゲーム化しているようなきがします。


例えばプロパストなどは2009年2月27日620円だったのに、2009年8月26日には21500円をつけています。信じられないような高騰です。620円のとき1万株買って21500円でうまく売り抜けていたら2億880万円の利益が出ていました(笑)今から考えると2億円の機会損というのはちょっと大きいですね。


私のやっているバリュー株投資は、以前赤字企業を買ってそのまま破綻した経験から赤字企業や継続疑義は買わないというルールがあるので、プロパストなどは620円のときに目をつけていても買いませんでした。臆病者です(笑)やっていれば相当資産が増えていました。結局1株も買いませんでした(笑)


最近は純粋なバリューだけでは(短期では)なかなか資産も増えていかないと感じます。チェックしている赤字企業も含めた割安株を素直に買っていればおそらく半年で資産は100倍に増えていたかもしれません。バフェットのように賢明なる投資家になるか、たまにはマネーゲームもしてみるか、悩むところですね。


実際のところは財務諸表がよいか悪いかより、単に割安かどうかで売買したほうが利益は出るのかもしれません。BNFさんが資産を拡大したのは、財務状況など気にしないで語り売ったりしているからでしょう。賢明なる投資家になるべきか、赤字企業も買ってみるべきか悩むところですね(笑)


今日はストップ高してしまいましたが8892 日本エスコン も安いとは思っています。PBR0.34ですし。でも1株利や営業CFが益がマイナスだと賢明なる投資家はなかなか手が出ません・・・(笑)


任天堂も上場最高値73200円から比べると安いですね。PBR的にはやすいくないんですが、無借金経営で73200円から09年8月21日に23470円台まで売り込まれたことを考えると徐々に買い意欲はわいてきます。

ただし、どこが底かはわからないです。もしかしたら2万円きるところまで下がるかもしれません。1000株とか2000株単位の売り(4000~5000万)がポンポンと出ることを考えると、機関投資家の売りという感じがしますね。たまに5000株近い売りが出たりするので、1億円以上も一気に売りに出せるのは小口投資家ではないでしょう。特に日経平均が下げるときに下げがきついので、様子見で逆指値を入れて買うか、買ったら即、損切りラインをすぐに入れておくのが賢明かもしれませんね。

別窓 | [投資] 今日の一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<[今日の損益]  090828 | 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 | [今日の損益] 090821>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。