小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
2011/10/21 パソコンが壊れた+NY株式市場+日本株式市場
2011-10-21 Fri 12:00
■パソコンが壊れた

PCがついに壊れて更新できない状態が続いていました。ようやく新しいパソコンを買ったので少しずつ更新していきます。ツイッターはiPadでつぶやいていましたが(笑)

相当長期間使い込んだパソコンで、某証券会社のトレーディングツールを起動するのに1分以上かかるという代物でした。現在のパソコンはなんと2~3秒で起動できます。恐ろしい速さに驚いています。

イメージ図
イメージ図

トレードはしませんがこんな感じの3台モニターにしました。


■ギリシャ債務問題

さて、世界の株式は薄商いの中、上昇しています。これは売り方が買い戻しているだけだと思っています。好材料というのは殆どありません。ですが世界の株式は不気味な上昇を続けています。

欧州債務問題はまったく解決していません。それどころかギリシャでは10万人規模のデモが行われているなどまったく不透明です。

2011年 10月 20日 08:21ギリシャで過去最大デモ、10万人超が緊縮法案可決に抗議
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23713720111019


ギリシャの首都アテネなどで19日、賃金カットや増税を盛り込んだ緊縮財政法案に反対する過去最大規模のデモが行われ、デモ参加者と警官隊が衝突した。議会はこの日、同法案を可決した。

 アテネでは少なくとも10万人がデモに参加。合わせて、全土で48時間のゼネストも始まり、多くの都市で交通機関などが停止した。

 アテネ中心部のシンタグマ広場では、警察が催涙弾を使用。デモ隊側も火炎瓶を投げつけるなどし、抵抗を続けた。暴徒化したのは多くが若者で、衝突は数時間後に収まった。

 この衝突で少なくとも7人が病院に搬送されるなどし、多くが呼吸困難ややけどなどで治療を受けた。警察によると、デモ参加者28人が拘束され、警察側にも25人の負傷者が出たという。

 このほか、クレタ島でも2万人以上が集まる抗議活動が行われ、テッサロニキやボロスなどでもデモが確認されたという。



ギリシャの人口が1100万人ほどなので10万人が参加するデモとは日本で言えば100万人規模の大規模デモです。
政治家は国民の声は無視できないので2008年9月29日にアメリカ合衆国下院が緊急経済安定化法案を否決したときのような市場が予想していない波乱が起きる可能性もあるでしょう。

モーニングサテライトによると

<ギリシャの国際償還予定>
2011年10月 36億ユーロ
2011年11月 33億ユーロ
2011年12月 117億ユーロ
2012年03月 157億ユーロ



となっていて来年3月に大量の国際償還が控えています。貿易赤字のギリシャが果たして資金を返せるでしょうか?返すためには緊縮財政が欠かせませんが、ギリシャ国内では労働者のの1/4といわれる公務員などもデモに参加して緊縮財政に猛反対しています。金は借りるけど返してたまるかといわんばかりの暴動です。

ギリシャ国債利回りは大変なことになっています。ギリシャ国債1年物 はついに先日190%近くになりました。もはやデフォルトを織り込んでいるような利回りです。

ギリシャ国債1年物
ギリシャ国債1年物
ギリシャ国債2年物
ギリシャ国債2年物

どう考えても、現在のギリシャをデフォルトさせないという指導者たちの政策は延命に過ぎないでしょう。管直人元首相に「延命だ!延命だ!」といってきたメディアがギリシャについては一切延命といわないのが不思議でなりません。


■薄商いの中不気味な上昇を続ける米国株式

そのような中で米国株式は不気味な上昇を続けているわけですが、2007年と状況が似ているような気もします。

image000.gif

もし何らかの・経済対策・雇用対策・追加量的緩和などの対策がでないと来年は経済停滞を示すように株価下落の可能性もあります。

通常、大統領戦前年は当局が何とかして株価上昇を狙って対策を出してきます。しかし、2011年8月2日の米国デフォルト懸念がある中、債務上限引き上げ問題で民主党と共和党の間でもめにもめてひと悶着あったように米国も債務がかなり膨らんでなかなか経済対策を出せません。

雇用対策は2011年9月9日にオバマ大統領が総額4470億ドル(約34兆円)の雇用対策法案を出しましたが、下院で過半数を握る共和党が反対してオバマ大統領の大規模雇用対策は思うように法案成立できません。日本のねじれ状態と同じように米国もねじれ状態で思うように法案が成立しません。

追加量的緩和は米国がデフレ傾向にもなく、また追加緩和すると新興国に資金が流れ込んでインフレを引き起こすので世界から不評です。したがってこれもFRBはQE3にはなかなか踏み込めないでいます。

というように、好材料が殆どないまま株価が不気味な上昇を遂げているので、これは実態から乖離しているように思います。株価に実態が近づくか、実態に株価が近づくかといえば後者の可能性のほうが高いでしょう。


■日本株式


日本国内は、相変わらずに薄商いで株価はまったくさえない状況です。それもそのはず、1ドル=80円を切る超円高の域を脱していないので、輸出関連企業の業績には重くのしかかるでしょう。

日経平均株価&日経平均株価(ドル・ユーロ換算)(3年)チャート

円高ですので、ドル建てやユーロ建てで見ると海外投資家から日本株はリーマンショック水準近くまではきているわけです。円建てだとリーマンショックよりはるかに下なのに、海外投資家から見れば割高に見えるという円高のジレンマに陥っています。

ということは、内需系・円高がプラス:増収増益・好決算・割安・成長性あり・復興需要が期待できるような銘柄が買いでしょう。つまり以前から紹介していたような銘柄が参考になるかもしれません。

・11/04/19中古車需要激増中古車販売関連銘柄
・11/04/13DIY関連銘柄
・11/04/14東日本大震災とこれから起こるかもしれない関東圏の地震と関連する、アウトドア関連銘柄




┏―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┐
┃  ★お役に立てましたら1日1回クリックしてくださると幸いです      ┃
┃                                   ┃
┗―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┘
別窓 | [投資] 今日の一言 | コメント:1 |
<<2011/10/23 映画「ウォール街」の続編「ウォールストリート」をみた | 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 | 2011/10/20 ツイッター抜粋>>
この記事のコメント
Re: はじめまして
お返事遅れまして大変申し訳ございません。
11/10/23に匿名コメントを下さった方ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
2011-12-03 Sat 01:09 | URL | VSI (Value Stock Investor) #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。