小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
2011/10/13 ツイッター抜粋
2011-10-13 Thu 23:59
『(ロイター)スロバキア野党スメル党のフィツォ党首は12日、欧州金融安定ファシリティー(EFSF)拡充案を14日までに承認することで連立与党と合意したことを明らかにした。来年3月に総選挙を実施することでも一致した。』国内で大規模デモでも起こらない限り最悪の自体は免れたでしょうか。
posted at 00:55:40

世界株異様に強い。6月30日ギリシャ緊縮財政案時に世界株上昇と似ている。ドイツ http://bit.ly/r7Nvcl イタリア http://bit.ly/rjiimt フランス http://bit.ly/pUWMPd イギリス http://bit.ly/oKNaJT
posted at 01:07:35

年末にかけて、米国で金融緩和か景気対策か雇用対策が打ち出されないと、景気失速してこのような状態にもなりかねないのではないか( http://p.twipple.jp/L5uCc )という予感。米国の出来高をみると非常に少なく純粋な買いがあまり入ってない状態です。
posted at 01:41:49
2011年10月13日NYダウ

(続)昨日(11日)は米上院がオバマ大統領の4470億ドル規模の雇用対策法案の審議入りを否決しました。雇用対策は打ち出せず。追加緩和は新興国インフレで世界から不人気。景気対策は各国の債務問題で出せず、このままいくと危ないです。本当の失速間近です。
posted at 01:47:26

(続)このまま対策なしで行くと本格的にこのような状態となり(http://p.twipple.jp/L5uCc)、ギリシャの国債利回りは尋常ではない156%を超え(1年物)てますので、年末から来年にかけてギリシャ問題が本格化して最終的にデフォルトで金融危機へという流れもなきにしもあらず。

posted at 01:51:14
(続)<ギリシャの国際償還予定(モーサテより)> 2011年10月 36億ユーロ 2011年11月 33億ユーロ 2011年12月 117億ユーロ 2012年3月 157億ユーロ ギリシャの債務返済は12月と来年3月に大きなの控えています。来年3月当たりが危ない。
posted at 01:55:01


11日は米上院がオバマ大統領の4470億ドル規模の雇用対策法案の審議入りを否決しました。雇用対策はなかなか打ち出せず。雇用対策・追加緩和・景気刺激策、何か出せる余地はあるのかな?ここ数ヶ月は経済の分岐点にあるような気がします。 何もないと⇒http://bit.ly/pFk5K3
posted at 14:13:18
2011年10月13日NYダウ2

別窓 | [投資] ツイッター | コメント:0 |
<<2011/10/14 ツイッター抜粋 | 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 | 2011/10/12 ツイッター抜粋>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。