小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
2011/10/20 ツイッター抜粋
2011-10-20 Thu 23:59
NYダウ強いですね。200日移動平均線の約12000ドル付近くらいまではある様な気もします。 http://p.twipple.jp/KwYQX ただ、欧州債務問題は全く解決しておらず、来年3月にはギリシャが多額の償還を迎え2007年と同じ様な状況にも似てきているので危険です。
posted at 00:38:19
2011年10月20日NYダウ

ギリシャが10万人を超えるデモ。人口が1100万人ほどなので日本でいえば100万人規模に匹敵する。
posted at 09:00:13




■原発関連


(NHK)原子力発電所や関連施設のある全国44の立地自治体が、原発の建設や運転に伴って、これまでに得た国からの「交付金」と、固定資産税などの「税金」、それに電力会社からの「寄付金」の総額は、少なくともおよそ3兆円に上ることが、NHKの調査で分かりました。(続)
posted at 07:18:42

(続)これらの自治体は、いずれも財政の健全性を示す「財政力指数」がもともと低かったところが多く、財政難のまちが、原発を受け入れることで行政活動を維持してきた構図が浮き彫りに。(続)
posted at 07:21:07

(続)原発や関連施設を受け入れた自治体に「地域振興」の名目で昭和49年度から交付されるようになった「電源三法交付金」が9152億円…この交付金は、電力会社が電気使用料に上乗せして家庭や企業から集めた金を基に国に納めた「電源開発促進税」が原資http://bit.ly/p81aYv
posted at 07:22:02

これらの自治体がこれまでに得た交付金などの総額約3兆円 ・「電源三法交付金」が9152億円(上乗せ電気料金が原資) ・「固定資産税」などの税金が1兆3441億円 ・「核燃料税」が6759億円 ・「寄付金」分かってるだけで総額630億円 全てが結局は国民の税金
posted at 07:33:42

福島大学清水修二副学長『当初は原発を受け入れる『迷惑料』としてのお金だったのに、いつの間にか原発を受け入れればお金を出すという『利益誘導』の仕組みに変わっていったのが実態だ。原発やエネルギー問題の議論が、いつの間にかお金の問題にすり替わってしまうような現在の仕組みは、やめるべき』
posted at 07:39:00
別窓 | [投資] ツイッター | コメント:0 |
<<2011/10/21 パソコンが壊れた+NY株式市場+日本株式市場 | 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 | 2011/10/14 ツイッター抜粋>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。