小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
2011/10/25 おまえたちは全て、地獄から来たブタだ
2011-10-25 Tue 01:30
NYダウのチェックすべき数字は1万2000ドル付近だと思っています。

米国で経済対策・雇用対策・追加量的緩和(QE3)が出るか否か。米国政府は株価の推移をしっかり見ています。オバマ大統領の演説を聴いていると市場に対して非常に敏感です。それもそのはず、株価の推移は大統領選に影響するからです。このまま放置すれば株価は下落し大統領選にも影響するということは常に意識していると思われます。

また、欧州においてはギリシャ問題について具体的な期間を定めてその期間まではギリシャを支援し続けるというような策が出るか。たとえば、2015年までギリシャを支援し続けるというような。もしくはギリシャをデフォルトさせないために債務を減免するような政策が出るか否か

時間はなくなってきています。というのも、チャート的な状況が2008年5月年に類似してきています。

NYダウ+NASDAQ

チャートというのはあくまで結果のグラフに過ぎませんから必ずそのようになるとは限りません。しかし、200日移動平均線を大きく割ってから再び上昇し始めるときは、200日移動平均線がいわゆる抵抗線のような形になり、大口さんは200日移動平均線付近で売りを出してくる傾向があります。そうなればいよいよ株価は景気の先読みをはじめ下落し始め、実体経済のほうは景気減退へ向けて動き出すということにもなりかねません。

現在の世界の情勢を見れば景気拡大の好材料より明らかに欧州債務問題の悪材料の方が大きいです。リーマンショックはリーマンブラザーズという民間1社から引き起こされた世界的金融危機です。PIIGS(ポルトガル・イタリア・アイルランド・ギリシャ・スペイン)などはであり、しかもそこに投資してるのはドイツやフランスです。正直、危ないのではないかと懸念しています。







■債務問題が懸念されている地域

PIIGS(ブタ)
ポルトガル (Portugal)、 イタリア (Italy)、 ギリシャ (Greece)、および スペイン (Spain)
STUPID (バカ)
スペイン (Spain)、 トルコ (Turkey)、 イギリス (UK)、 ポルトガル (Portugal)、 イタリア (Italy)、 ドバイ (Dubai - アラブ首長国連邦)
UR all PIGS from HELL(おまえたちは全て、地獄から来たブタだ)
ウクライナ (Ukraine)、 ルーマニア (Romania)、 ポルトガル (Portugal)、 イタリア (Italy)、 ギリシャ (Greece)、 スペイン (Spain)、 ハンガリー (Hungary)、 エストニア (Estonia)、 ラトビア (Latvia)、 リトアニア (Lithuania)

日本がこの不名誉な名称の中に含まれてしまうのはいつの日か・・・


┏―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┐
┃  ★お役に立てましたら1日1回クリックしてくださると幸いです      ┃
┃                                   ┃
┗―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┘

別窓 | [投資] チャート関連 | コメント:0 |
<<2011/10/31 ・ギリシャ債務減免はデフォルトに相当 ・TPP交渉参加について ・TPPと円安傾向 ・TPPでぺんぺん草も生えないくらい日本壊滅は本当か | 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 | 2011/10/24 円高継続、戦後史上最高値>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。