小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
2011/011/05 ツイッター 日本の「国の借金」の2011年度末の残高1024兆1047億円
2011-11-05 Sat 23:59
2011年11月05日(土)


つい最近ギリシャ1年もの国債が150%超えたと思ってびっくりしていたら、昨日は235%を超えていた・・・
posted at 19:55:04

どうやら市場はギリシャ問題からイタリア債務問題へと移りかけている様子
posted at 19:56:00

ギリシャの次に問題となっているイタリアは債務残高が約1兆9000億ユーロ(200兆円)でギリシャの5倍以上。債務残高(対GDP比)は119%。 一方日本は債務残高1000兆円近く、債務残高(対GDP比)は220%で世界最高。東日本大震災でさらに債務は増える
posted at 20:03:39

(続)また、老朽化している橋や道路やダムなどのインフラ更新に関わる費用が今後50年で190兆円かかるとの国交省の試算。よく言われる、将来の子供達のためにもなるからと国債発行してインフラに使うのがいかに無駄であるかの象徴。無駄なもの作るほど維持費と更新費に莫大な費用がかかる。
posted at 20:08:18

(続)今一番緊縮財政が必要なのは日本のような気がしないでもない。東日本大震災復興資金に消費税ではなく国債で賄おうと言う動きがある。野党は復興債の償還を再延長させようとしている。でもちょっとまって欲しい。将来の子供達にさらにツケを回す気なのかと
posted at 20:15:20

続)11月4日発表の日本の「国の借金」の2011年度末の残高はついに1000兆円を突破し1024兆1047億円に達する見通し。財務省の予想では995兆9232億円だった。よく言われる国民1人当の借金は約802万円。でも現在高齢者は払うわけでもないので負担が回るのは将来の子供達。
posted at 20:21:49

続)谷垣総裁は復興債の償還期間について30年が検討対象になるとの認識を示唆し「東日本大震災からの復興は3次補正だけでは済まない。必要総額が仮に30兆円だとすれば、30年で返せば1年の負担は1兆円で済む」と述べた。これは高齢者や選挙民には聞こえがいいが将来の子供達はどうなるのか。
posted at 20:29:53

続)先程の「老朽化している橋や道路やダムなどのインフラ更新に関わる費用が今後50年で190兆円」が何を意味しているかといえば今後復興債でインフラを整備しても将来の子供達は莫大な借金と壊れかけたインフラしか手に入らないと言う事。同じ過ちを繰り返すのか否か。
posted at 20:38:51
別窓 | [投資] ツイッター | コメント:0 |
<<2011/11/07 ツイッター | 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 | 2011/10/31 ・ギリシャ債務減免はデフォルトに相当 ・TPP交渉参加について ・TPPと円安傾向 ・TPPでぺんぺん草も生えないくらい日本壊滅は本当か>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。