小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
2012/01/18 ツイッター抜粋 ウォーレン・バフェット名言集(1)
2012-01-18 Wed 23:59
(題)ウォーレン・バフェット名言集(1)

2012年01月18日(水)


バフェットの大切な投資原則を忘れてた。『【ルール1】絶対にお金を損しないこと。【ルール2】絶対にルール1を忘れないこと。』これ忘れたらあかんね。
posted at 01:57:12

今日ソニーは何者かの大量の買いが入っている。中国政府系ファンドが第4位の大株主に名前を上げているけれど買い増ししている可能性はあり。もし予想外にバフェット率いるバークシャーが買っていたら驚き(笑)
posted at 11:10:13

続)バフェット氏はソニーの盛田昭夫さんと友人だったらしく、かつて「ソニー株を買いたかったが割高で買えなかった」と語ったこともあるようです
posted at 11:10:25

続)ソニーの現在の株価水準は2000年の1/13、2007年の1/5~6、2010年の1/3程度。
posted at 11:17:04

ウォーレン・バフェット他人がやっているからという理由で株式投資に興味をもつのではなく、他人がやっていないときに興味をもつのがベストです
posted at 13:26:45

ウォーレン・バフェット投資の世界には、見送りの三振がありません』『投資家がストライクを取られるのは、空振りした時だけです』自分が持ってない株式が日々価格上昇し続けると、どうしても人間は誘惑に負けてその波に乗りたくなる。賢明なる投資家はそう言う時でも欲望を抑えられるかが重要。
posted at 17:50:53

ウォーレン・バフェット支払う金額に見合わない価値のものに投資する事はあり得ない。値上がりを期待して差額を儲けようとするのは投機だ。』 これを実践するのはなかなか難しいけれど、世界一の賢明なる投資家はこう考える。
posted at 21:19:14

ウォーレン・バフェット並外れた事をしなくても、並外れた業績を達成する事はできる』 投資の大原則に忠実に、それを何十年と飽きずに続ける。周りが投機で短期間で儲けていても一切意に介さない。自分の手法を通し続ける。簡単に見えてとても難しいけれど、賢明なる投資家はそれをやる。
posted at 21:25:37

ウォーレン・バフェット過去の業績がどんなに素晴らしいものであっても、変化になんら対応しないでいれば、待ち受けるのは破綻なのです』『歴史が全ての答えを教えてくれるのなら、フォーブス400社はすべて図書館司書で占められているはずです』 過去の業績や過去のチャートはあまり当てにならない
posted at 21:53:57

ウォーレン・バフェット株式を購入した翌日に市場が閉鎖され、その後5年間取引が行われない事態になっても、私はいっこうにかまいません』 バフェットが注目するのは株価の推移ではなく企業の価値。価値と比較して株価が割安か否か。なかなか難しいけれど賢明なる投資家はこの手法を崩さない。
posted at 22:42:57

ウォーレン・バフェット10歳の時にはすでにオマハ図書館にある「金融」という言葉が書いてあるタイトルに入っている本はすべて2回ずつ読みました』『少額でいいですから投資をしてください。本を読むだけではダメです。』 知識を蓄え→実践(行動)する。多くの成功哲学の書籍にもよく書いてある。
posted at 23:02:01

ウォーレンバフェットは1万ページくらいあるムーディーズマニュアルも平気で読むらしい。バフェットの相棒チャーリー・マンガー曰く、バフェットは「勉強の虫」らしい。
posted at 23:05:41

ウォーレン・バフェットベン・グレアムの事を知る人は多いのに、彼の理論を実行に移す人は少ない』 チャーリー・マンガー基本概念は、どんなに時が経過しようと古臭くなるものではない』 財産を築く方法はすでに書かれていてもそれを実行する人は極少数。賢明なる投資家になりたい人はすぐ実行。
posted at 23:16:08

堀之内九一郎氏『何も疑わない。我流を一度全部捨て、自分の考えは一切さしはさまない』『すこしも疑う余地のない師匠を持つ』 投資でも全くのゼロから自分の投資理論を構築するのは難しい。初めは徹底的に真似する対象を見つけてみる。最初にメンターとなる人を間違えない事が大事。間違えると悪夢w
posted at 23:24:47

私も一番最初に(勝手に)師匠にしたのがウォーレンバフェットで良かったと思う。もし「1年で100万円を3億円に」・・・などという投機家を師匠にしていたら今頃全財産を失っていただろう(笑)師匠を間違えないって案外大事かもしれない。
posted at 23:28:16

成功者には共通点がある。投資書籍、ビジネス書、成功哲学書などを読んで要点を抽出すると面白い。お金が無くて投資資金がないと言う人がいる。そう言う人は次の言葉を実践してみる。ウォーレン・バフェット稼ぎを使い果たす事はなく、常に一部を貯めておいた。それでずっとうまく行っている』続
posted at 23:51:40

続)バビロンの大富豪将来の資産を築くため、最低でも収入の1/10を貯めるならば、黄金は自らすすんでしかもだんだんとその量を増やしながらやってくるだろう。本多静六収入の四分の一を天引き貯金すること。いくらか貯まったところで、巧みに投資に回すこと。
posted at 23:55:43


2012年01月19日(木)

続)資産を築いた成功者は、まず給料から強制的に一部を貯蓄に回し貯まったらそれを投資資金にし、そして給料の残りを消費に使う。一方、「投資資金がない」と言う人は、給料をもらい、消費して最終的な残りを貯蓄に回したり投資に回そうとする。それではなかなか残るものも残らないと言う事になる。
posted at 00:00:31

ベンジャミンフランクリン得るものは得よ。得たものは手放すな。これぞ鉛を黄金に変える賢者の石ウォーレン・バフェット第一の法則、損をしない事・第二の法則、第一の法則を忘れない事』投資で失敗しないためには高値掴みをしない。そのためには本来の企業価値より割安を買うバリュー戦略が良し
posted at 00:09:29

┏―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┐
┃  ★お役に立てましたら1日1回クリックしてくださると幸いです      ┃
┃                                   ┃
┗―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┘
別窓 | [投資] ツイッター | コメント:0 |
<<2012/01/19 ツイッター抜粋 『相場は悲観の中で生まれ、懐疑とともに育ち、楽観の中で成熟し、幸福感とともに消えていく』 | 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 | 2012/01/17 ツイッター抜粋 株価が下落するほどリスクだという人々>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。