小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
一言 09/09/16 パート2 国民新党は先物廃止を提案
2009-09-16 Wed 15:00
今日も13時25分から先物が下げ、それにつたれて日経平均が暴落。また大口のやりたい放題でした。


国民新党は日経225先物取引の廃止を提案していましたが、先物取引をしている人は廃止には反対でしょうが、先物はヘッジのためのものが、大口の莫大な資金で株価操縦が出来る(小口ではどうしようもない)ようなシステムになってしまっています。企業の成長とはまったく無関係なギャンブルだと思います。なのでどちらかというと私は支持します(笑) 廃止といわないまでも先物の利益は累進課税にするとか、何らかの規制はすべきでしょう。

http://www.kokumin.or.jp/seisaku/20081017.shtml



彼ら大口はコンピュータで瞬時に注文を出します。先物や現物や信用を、1秒間に200回も300回も注文できるコンピュータシステムでやられたら、個人投資家は大きな損失をこうむるだけです。個人投資家の大半は負けます。

しかも大口は225銘柄だけを売買しているわけではなくジャスダック市場の銘柄なども売買してます。ジャスダックもよく、ある瞬間に突然下落したりします。コンピュータが自動売買してます。

090916 JQ



おそらく今日の、先物が先導する突然の急激な下げで損失をこうむった個人投資家は多いでしょう。私は225銘柄のような割高銘柄は買わないようにしているので損失は小さいですが、損してなくても、市場を短期間で自由に操作して、小口投資家から金を毟り取るようなそんな大口を放任していてはよくないとおもいます。

前から提案しているとおり、日計り商いの利益には高い税率を貸すべきです。短期売買は流動性を供給するとかなんとか言われますが大口の都合のよい理由だと思います。

日計り商いの利益には90%の税率を!(笑)




別窓 | [投資] 今日の一言 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<一言 090917 ダウ上げすぎで逆に気分が重たい(笑) | 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 | 一言 09/09/16 「もうはまだなり まだはもうなり」>>
この記事のコメント
先日までデイトレードで試行錯誤していましたが、確かに一日で上下する銘柄に一喜一憂する事に先物と何が違うんだろうと疑問を覚え、本当に価値のありそうな会社を探す為、このブログも参考にしています。
アイケイコーポレーションももう少し下が底かという記事を見て、もう充分買ってもいずれ上がるだろうと買ってみましたが、現状じわ上がりしています。
こういう銘柄って利確のタイミングが掴みにくいですが、その辺は自己責任で、これからも参考にさせていただきます。
ありがとうございます。
2009-09-17 Thu 12:10 | URL | けいじ #SFo5/nok[ 内容変更] | top↑
Re: タイトルなし
私の経験で恐縮ですが、利益確定はしないほうがいいですよ。損切りは早く、利益確定はゆっくりといいますが、あれは本当だと思います。

わたしも初期のころはすぐに利益確定をしていたのですが、そのために機会損が多く出ました。やり方を変えて、損切りは即座に、極力利益確定はしないという方針にしたら、運用実績が200%を超えてきたのです(笑)
2009-09-18 Fri 01:36 | URL | イチゴメロン #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。