小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
一言 09/09/24 前場
2009-09-24 Thu 12:30
前場ではその他金融株、銀行株など、出来高が極端に増えて売られた後上昇してきています。今後も上昇の余地あり。

先日「一言 09/09/18」で

東証一部の騰落レシオは77.10%ですので過熱感はないのです。
今日の日経平均の下げは、ダウの過熱感につられて下落しているのと、シルバーウィーク前に見極めたいという筋の動きと連休前の利益確定売りで下がっているのだと思います。
>でも外国人は買いに回ってきています。寄り付き前外国人売買動向は、差し引き+1,350万株でした。日本人の個人投資家と機関投資家の売りを、外国人が拾ったという形でしょうか。
というわけで私の予想だと、ダウがトリプルウィッチング後、リーマンショックのときのように2番底をつけていくような急激な下げだと日経平均も下がると思いますが、そこまで急激な下げでなければ、日経平均は外国人買いで上がってくると思います。
とくに、今日の銀行株の下落を見た政府の方がこの連休中に何らかの対策か、市場を安心させる発言をして、来週は銀行株あたりに外国人の買いが入ってくるような気がします。そして銀行株を筆頭に日経平均が11000円を目指すような展開になるのでしょうか。




と書きました。前場段階では予想のとおり動いているようです。

現在の東証一部の騰落レシオは77.10%です。ダウや上海は高値警戒感が出ていますが、日本はむしろ売られてきたのでこれからも上昇する可能性があると思います。もし、再び金融不安のようなことが起こらなければ、日経平均は11000円を目指して上がっていく可能性もあります。

しかし、世界の株式が下がっている中で日本だけが上がるというのも不思議なのでもみ合い状態が続く可能性もあります。もみ合いが続いて、世界の株式が一回下がって反発してきたらそれに乗って勢いよく上昇という形になるでしょうか。



(注)投資の判断はご自身の責任でお願いします
別窓 | [投資] 今日の一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<一言 09/09/24 後場&注目銘柄 | 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 | 一言 09/09/20 最近注目してる銘柄>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。