小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
一言 09/10/08 いつ利益確定するべきか
2009-10-08 Thu 22:40
フォスター電機<6794>が踏み上げ相場になってきました。信用倍率が1倍を切っています。需要で上がって言うというより、信用売りの買戻しで踏みあがっているようです。こういう状況になれば落ちるときは一気に落ちるので危険です。というわけで一部利益確定です。600円代で買って2100円台で売りはじめです。私はあまり利益確定はしないほうですが、ファンダメンタル以上に上昇したり、踏み上げ相場になったら降ります。下落するときは剣のように落ちるからです。

私はバリュー株投資なので、PERは10倍以下の銘柄を探します。低ければ低いほどよいです。一時的な業績悪化でPERが上がったときはすぐに利益確定をしたりはしませんが、業績好調で株が買われてファンダメンタルを乖離して株価が上昇したときと、踏み上げ相場では売ります。



株というものは不思議なものでPER5倍以下で放置されているような銘柄はなかなかPER10倍になりません。不思議です。でも、PERがすでに高いものというのは、人気があってもっと買われたりします。バリュー株投資をしなければPER30倍でも50倍でも買うかもしれませんが、私はそのような株式は買わないことにしています。好みの問題ですから、PER100倍を超えていてもさらに上昇する銘柄を買う人もいるでしょう。儲かればどんな銘柄でもよいという人はPERが高い銘柄でも買ってもよいかと思います。

それから私はPBRが1倍を割っている銘柄を買います。もちろん業績はよいことが条件です。探すとけ高1倍割れ銘柄というのはあります。PBRが1倍を割れ銘柄は低リスクでハイリターンを得ることが出来ます。ただし、なかなか上昇しなかったり、割安なのにさらに株価が下がるというつらい思いをすることもありますが(笑)




前の日記で銀行株が安いと書きましたが、逆指値成功です。見事に底で拾えました。私は失敗から学んだのですが、下がると自分で勝手にそこが底だと判断して買ってしまうことがあります。ところが買った後もずるずると下がり続けることがあります。そうやって含み損をかかえたことが何度もあります(実際は何銘柄か、いまでもあります(笑))そこで、出来高と逆指値をよく利用します。

業績が連続して悪化しているような銘柄は除外して、一時的な原因で下落しているバリュー株を探します。亀井大臣のモラトリアム法案の発言から大きく下げましたので、PBRが1倍を割る状態になりました。そこで下落ではかわずに、セリングクライマックスになるまで出来高に注目して、底付近で逆指値を入れて買いました。そして買った後は自分の限界基準でストップロスを入れます。そして株価が上昇したとは、自分の買値より少し上にストップロスを入れます。あとは上昇し続けるなら極限まで利益確定をせず、徐々にストップロスを上げていきます。

無理に利益確定をしないので、機会ロスを防げますし、上昇し続けるならずっとそのままにしていけば資産は含み益が増えていきます。

よく、利益確定をしなければ絵に描いたもちという方がいますが、確かにそうなんですが、利益確定をした後に大きく上昇することはよくあることです。私もそれで何度ももったいない経験をしました。なので現時は無理に利益確定せず、上がるままに任せていき、頭から数パーセント下にストップロスを入れて、上昇のたび上げていくようにしています。私の場合利益確定レベルは、ファンダメンタルを乖離して株価が上昇したときと、踏み上げ相場になったとき位だと思います。

私は素人投資家レベルですからもっとよいやり方があったら教えていただければ幸いです。
別窓 | [投資] 今日の一言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<一言 09/10/09 レーティングは逆指標に読む | 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 | 一言 09/10/07 Googleバーコードの日 レーティング詐欺>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。