小額からバリュー(割安)×グロース(成長)株式投資で中期・長期複利運用を行い1兆円を目指し全額寄付で慈善基金設立目指します
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
2012/10/4 ブログのコメント欄の質問への回答です
2012-10-04 Thu 22:30
先日名無しさんから質問いただきましたのでお答えします。

はじめまして。いつもブログを拝見しております。分散投資は投資の基礎だと思う一方で、分散しすぎてもひとつひとつの銘柄をしっかりウォッチできなくなると思うのですが、今現在いくつほどの銘柄に投資をされているのでしょうか?




よく一般的な投資本では分散投資は必要だととかれます。卵は1つのカゴに入れるなというあれです。しかし、分散投資は絶対に必要だと説く人というのは恐らく著者自身が投資家ではないと思われます。もしくは本当の初学者向けに書かれているのだと思います。

分散投資は程度問題なのですが、ウォーレン・バフェットは『分散投資は無知に対するヘッジだ。自分で何をやっているかわかっているものにとって、分散投資はほとんど意味がない。』とおっしゃっています。

つまり、何を買ったらいいかわからない、そういう人にとってはたくさんの銘柄を買ったほうがリスクを分散できるということです。本当に何も知らない人は日経平均のETFなど、指数を買ったほうがすべての銘柄に分散投資したと同じ効果があります。

一方で、自分が買う銘柄がどういうものなのかよくわかっている人にとっては分散する必要は余りありまえん。

ということで、私はじっくり研究してから企業の株式を買うタイプなので、大体2(~3)銘柄で資産の80%位を占めています(笑)やや集中投資気味です。

残る10%で優待目的で50社ほど買っています。最低売買単位ですこしずつ買っているイメージです。分散投資のためではなく優待目的です。優待は株価下落を防いでくれる効果があるので、日本の株式市場のように長期に低迷しているときは優待銘柄はヘッジになったりします。

あと、残る10%は現金
という感じです。

通常はじっくり投資企業の推移を見守るには5銘柄くらいで十分だと思います。多くても10銘柄でしょう。




┏―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┐
┃  ★お役に立てましたら1日1回クリックしてくださると幸いです      ┃
┃                                   ┃
┗―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┘
別窓 | [投資] Q&A | コメント:0 |
2012/09/09 ブログの質問への回答です
2012-09-09 Sun 20:00
先日keiさんから質問いただきましたのでお答えします。


>自分にもいくつかの夢があり、それを達成するためにこれから中長期投資にチャレンジしてみようかと思っています。しかし、不安もあります。あなたの目標としている年率30%の複利運用は元手の多寡に関わらず、十分に達成可能な目標なのでしょうか?
実は300万円ほどの預金があるのでそれを基に始めようと思っていますが、この額でも十分に30%は達成できるのでしょうか?(一年で90万円とか!?)




まず、正直申し上げますと、「プロの方」が年率30%を何十年にもわたって続けるというのは通常ありえない数字です。ウォーレン・バフェットでさえ生涯の平均運用利回りはだいたい25%くらいです。プロの人でもだいたい年5%などと聞きます。

ただ、個人投資家からするとやり方によっては可能になります。どういうことかといいますと、プロの方は他人の資金を運用するので、運用にかなりの制限があります。短期間に成績を出さなくてはいけないという「時間の制限」もありますし、日本の上場株式も全てに投資できるわけではなく、流動性や時価総額などの規制があるようです。

ところが、個人投資家の場合は一切の制限がございません。時間の制限もありませんし、休みたい時に休むこともできますし、運用の仕方にも制限がありません。プロの人が敬遠するような株式を買うことも可能になります。制限がないということはチャンスもあるということです。そのためには賢明な投資の方法を身につけなくてはいけません。

賢明な投資の方法というのは、まずはギャンブルをしないということです。ギャンブルというのは、値動きだけを追いかけたり、「仕手株」のように、短期間に何倍何十倍と上昇する銘柄のようなものを買ったりしないということです。資産を失っていく人というのはこういうギャンブル銘柄を高値で買っては損切りさせられて資産を失っていきます。

・ギャンブルをしない
・トレード(デイトレ)をしない
・企業業績を見る


ちょっと変な言い方かもしれませんが、投資を始めた最初は大損することをおすすめします。不思議と、パチンコ同様、ビギナーズラックは破産への第一歩なのです。私の知人も、投資を初めてビギナーズラックで大儲けした人というのはギャンブル投機に走ってしまい、資産をほとんど減らしています(せっかく色々アドバイスしたのにさっぱり聞き入れなかったようです(笑))。最初に大損することで、投資の難しさを知り、謙虚に学ぶ姿勢になります。ちなみに、私も最初は大損しました(笑)そこから何百冊も本を読んで勉強して復活しました。


世界株価指数

上の画像は、黄色い線が日経平均なのですが、日本の株式市場は、世界を見ても相当パフォーマンスの悪い市場です。たしかに厳しい市場ですが、でも数年に一度大きく売り込まれる時があり、そういう時にこそ賢明なる投資家は買うのです(投資で失敗する人は株価が大きく上昇しているときに買い、大暴落しているときに売ります)。

2011年は東日本大震災+原発事故+タイ洪水+戦後最高値の円高+国内政治の混乱+欧州債務問題+米国債務上限引き上げ問題+米国債格下げなど悪材料に悪材料が積み重なった、資産運用にとっては最悪の年でした。そういう中でも賢明なる銘柄選択を行うと年30%以上も可能になります。私は2011年は40%ほどの運用利回りでした。日本の株式には、業績が良いのにまだ誰も気づいてない(注目されてない)銘柄などが実はたくさんあるのです。選び方によっては年30%は十分可能だと思います。本人の努力次第といったところでしょうか。

300万円と言う金額はスタートするには十分すぎるくらいの金額です。300万円を貯金している時点でkeiさんは普通の人とは違う賢明な方と思います(笑)ちなみに、日本で有名なBNFさんという、10年程度で数百億円の資産を作った有名なトレーダーの方は始めたのが160万円でした。スタートとしては100万円もあれば十分だと思います。





>更に、不況長引き、原発事故という大きな災害も抱えたままのこの国で中長期投資の展望はあるんでしょうか?
>そして何より毛も生えない素人です、自分は
このブログを読んで、様々な本を読んで、勉強してはいますがやはり投資家としての感覚がついてきているように思えません。なにか、賢明な投資家としての実力を身に着けるために、ゆっくりでも着実に力のつけられるトレーニング法などはご存知でしたら、アドバイスをいただけますか?



まず、ブログの更新を怠っていることは申し訳ございません。いろいろ作っていたのですがパソコンが壊れてデータが消失してしまってから更新を怠り始めました(笑)

賢明な投資家になるには、ウォーレン・バフェット氏のような賢明な投資家から学ぶのが一番だと思います。それから、投資の本の中には投資紛い本がたくさんあります。投資を語った投機本というのがたくさんあるのです。そういうものは読まないということも大事です。

投資家の思考過程というのは、一般人の思考過程とは全く異なります。なので、投資家の思考過程を学ぶことが必要です。どういう本で勉強したらいいかは以下を参考にしてください。


入門15歳からの株式投資(投資勉強法+ブックガイド)
入門15歳からの株式投資「入門」四季報の読み方

日本株式の中から選ぶのであれば、成熟しきった大企業を選ぶのではなく、新興市場(マザーズ市場・JASDAQ市場など)や時価総額が50億以下の中小企業を選ぶと良いと思います。

日本は世界最大の債権国ですし、素晴らしい科学技術がありますし、国民はマジメですし、潜在能力があるのです。私はまだ日本には期待しています。また何かのお役に立てれば幸いです。夢の実現頑張ってください。




┏―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┐
┃  ★お役に立てましたら1日1回クリックしてくださると幸いです      ┃
┃                                   ┃
┗―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┘
別窓 | [投資] Q&A | コメント:0 |
2012/07/17 「入門」四季報の読み方を新しく作りました
2012-07-17 Tue 11:30
ツイッター上でも告知しましたが、先日「入門」四季報の読み方を新しく作りました。

15歳からの株式投資入門編 ━ 年30%複利運用を目指す「入門」四季報の読み方

15歳からの株式投資入門編 ━ (投資勉強法+ブックガイド)


まだ未完成ですが、少しずつ更新していきます。
別窓 | [投資] 今日の一言 | コメント:0 |
2012/02/24 入門 15歳からの株式投資(投資勉強法+ブックガイド)
2012-02-24 Fri 02:05
『入門 15歳からの株式投資(投資勉強法+ブックガイド)』

ちょっと作ってみた。15歳からの株式投資の方はまだかなり未完成なのでご了承ください。
別窓 | [投資] 今日の一言 | コメント:0 |
2012/02/14 日経平均株価&厚生省人口動態調査(自然増加数)+42年チャート
2012-02-14 Tue 21:20

日経平均株価&厚生省人口動態調査(自然増加数)+42年チャート

2012年02月09日(木)

人口動態のグラフと日経平均株価をあわせてみると2015年が最後のピークのような気がしないでもない。最後のバブルに向かうのだろうか。今年か来年、強力な政治体制ができるとかなり高騰すると思う。そのあとは恐ろしい状態が・・・。 http://t.co/WrPSytRS
posted at 18:43:04

日経平均株価&厚生省人口動態調査(自然増加数)+42年

復興需要+多額の金融資産を持つ50代以上(1471兆円のうち80%を保有)の消費が内需を牽引すると予想。震災後消費傾向が変わってきた。生きてるうちに楽しもうという傾向が出てきている。これも2015年くらいまでかな。その後は日本の債務問題が顕在化しそう。
posted at 18:47:48


┏―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┐
┃  ★お役に立てましたら1日1回クリックしてくださると幸いです      ┃
┃                                   ┃
┗―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┘
別窓 | [投資] チャート関連 | コメント:0 |
2012/02/13 ツイッター抜粋 経営者を見て投資する
2012-02-13 Mon 23:59
経営者を見て投資する

2012年02月13日(月)

続)私の投資法はちょっと変わっていて、単に指標とかチャートをみて割安だからという理由で買うことはあまりなく、いろいろな本を読んだりネットで経営者をみていて、「あれ、なんだろう。この経営者凄い!」と言うところから入って、それからその会社の業績などを調べてから買う事が多いです。
posted at 23:08:19

続)幻冬舎の時もそうでした。本屋にいくとなぜか幻冬舎の本は面白い。よく調べてみると見城徹社長と言う人が自ら著者に語りかけ説得し交渉して本を出してる。だからミリオンヒットも多い。出版不況と言われる中でこの会社は凄いなと言う事で興味を持ったのが幻冬舎でした。残念ながらここもMBO(笑
posted at 23:15:11

続)投資手法も人と同じ事をやっていたのではパフォーマンスを出す事はできません。私の場合、よくあるテーマに乗って売買をするような事はありません。週刊誌・新聞・雑誌・本に推薦銘柄が書いてあってそれを買うと言う事も100%ないです。自分で歩き、発見し、調べ、納得し、それで買います。
posted at 23:20:01

続)私たち一般人は機関投資家のように社長インタビューなどは出来ませんから戦略を変える必要があります。例えば『生活の中から投資のヒントを探る→本・Web・実態調査(商品を買う・食べる・使う等)する→その会社の名前を調べる→まず経営者をみる→会社の業績を調べる→割安か判断する→投資
posted at 23:24:09

続)週刊誌・新聞・雑誌・本で推薦銘柄が書いてあっても、それはすでに 誰かのフィルターを通したものなので裏がありますし、すでに遅しなのです。高値掴みの可能性の方が多いです。普通の人と同じ方法ではパフォーマンスは出せません。自分のアンテナの方を信頼しましょう。
posted at 23:26:56

続)私はまだ子供だったので投資出来ませんでしたが、例えばユニクロのフリースが出たばかりの頃、まだそんなにブームになってないときに消費者としてそれを着て見るチャンスがあったら、もうすでにチャンスはつかんでいたと言う事です。
posted at 23:33:47

続)ユニクロのフリースを着たときに「あらこれ安いし暖かいわ」程度の消費者視点で終わると単にフリースを買って終わりです。でも投資家的視点があれば「これは凄い。この会社は拡大するはずだ。」と投資出来たでしょう。なので常日頃から投資家的視点を持つのは大事だと思うのです。
posted at 23:36:28

続)プロは他人の資金を運用しているという規制(※制約の誤り)(あまり小規模の会社に投資できないとか)や、他のプロよりパフォーマンスを短期間に出さなくてはならない(出さないと客に他のファンドに乗り換えられる)という制約があるので、実は一般人のほうが投資家としては有利だったりするのです。
posted at 23:40:29

続)通常どんな分野もプロとアマチュアがいたらプロが勝つのが当たり前ですが、投資の世界だけは別なのです。むしろ鋭い嗅覚を持った一般消費者のほうが投資パフォーマンスがよかったりするのです。プロは年10%位のパフォーマンスで優秀と言われるそうですが個人なら30%以上も十分可能なのです。
posted at 23:43:19

続)そのためには株式で投機行為(ギャンブル)をしないと言う事が大切なのです。というのは、短期売買はゼロサムゲームですから資金力や情報収集能力やアルゴリズム売買などで圧倒的にプロのほうが有利だからです。短期売買は圧倒的にプロが有利で、中長期投資は個人の方が有利なのです。
posted at 23:45:34

続)私が「短期売買」を推薦しないで「中長期投資」を薦める理由はそこにあります。ゼロサムゲームでは資金力・情報力・システム力でプロが圧倒的に有利だからです。中長期では時間的制約がない個人のほうが有利だからです。どうせやるなら有利なフィールドで戦うほうがマシだからです。
posted at 23:48:39

続)パチンコと同じで、短期間に儲かると総合的に儲かっていると思い込んでしまう人がいます。なので短期売買に走る人がいますが(本人の意思なのでいてもかまいませんが(汗))、ゼロサムゲームの世界では統計的に個人は勝てません。とくにアルゴリズム売買が出てきたからは個人は圧倒的敗北です。
posted at 23:53:06

続)私の知り合いも株式ギャンブルから抜け出せないので(汗)、いくら中長期が良いと説明しても仕方がありませんが、その人も長期的にみると負けるのが目に見えてます。BNF君のような超人は例外中の例外です。賢明な人は中長期に移行しましょう(笑)
posted at 23:56:15


┏―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┐
┃  ★お役に立てましたら1日1回クリックしてくださると幸いです      ┃
┃                                   ┃
┗―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┘
別窓 | [投資] ツイッター | コメント:0 |
2012/02/12 ツイッター抜粋 携帯事業者1社に900MHz帯割り当てについて
2012-02-12 Sun 23:59

携帯事業者1社に900MHz帯割り当てについて

2012年02月12日(日)

『(時事通信) KDDI(au)の携帯電話で11日夜、再び通信障害が発生したことが12日分かった。KDDIによると、メールの送受信が全国で利用できない状態になり、影響は最大で約615万人に及んだ。auは9日にも通信障害を発生させたばかり。』この前はドコモも通信障害発生。
posted at 15:20:04

2012年2月10日総務省は900MHz帯の割り当てについて「移行費用負担可能額」「LTEの人口カバー率」「周波数の割り当て状況やひっ迫状況」「周波数移行促進の体制」「MVNO促進の体制」などの審査基準で割り当てるという。
posted at 15:27:59

続)移行費用負担可能額NTTドコモ・KDDI2100億円、ソフトバンク2122億5000万円、イー・アクセス2109億400万円。LTEの人口カバー率(2018年度末の数値)NTTドコモ98.0%、KDDI98.2%、ソフトバンク99.9%、イー・アクセス99.4%とのこと。
posted at 15:30:46

続)900MHz帯の利用開始時期、ソフトバンク2012年7月3G開始、NTTドコモ2012年11月LTE開始、イー・アクセス2012年12月3G開始、KDDI2013年1月LTE開始とのこと。
posted at 15:33:32

続)900MHz帯への設備投資額、ソフトバンク8207億円、KDDI2536億円、NTTドコモ2313億円、イー・アクセス1442億円とのこと。いずれも日経より。
posted at 15:33:50

続)900MHz帯の割り当ては早ければ2012年2月下旬に割り当てられる1社が決まる予定とのこと。
posted at 15:35:06

続)最近のKDDIとドコモの通信障害は、総務省に対する「電波が逼迫してますアピール」なのか、それとも設備投資をソフトバンクより怠っていた結果なのか、どう総務省が判断するのか注目してます。プラチナバンドはすでにKDDI・ドコモは持っていますが、ソフトバンクは持ってない。どうなるか。
posted at 15:38:40

続)プラチナバンドを持っておらず、つながりにくいと言われながらもソフトバンクは独自の戦略で純増数ナンバーワンをずっと続けてきていますから(11年12月のみはドコモ首位)、仮に900Mhz帯を割り当てられるとさらなる武器を手にすることになります。さらなる快進撃を続けるでしょう。
posted at 15:41:54

続)最近のKDDIとドコモの通信障害は、総務省向けには「電波逼迫してますアピール」になっているかもしれませんが、一般消費者からすると不安材料につながる可能性が高い気がします。せっかく料金割引を実施したKDDIは墓穴を掘っている気がします。
posted at 15:43:59


┏―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┐
┃  ★お役に立てましたら1日1回クリックしてくださると幸いです      ┃
┃                                   ┃
┗―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━┘
別窓 | [投資] ツイッター | コメント:0 |
BACK | 賢明なる(バリュー×グロース)株式中長期複利資産運用 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。